FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年07月03日23:00

生きる資格と資質を推し量るカテゴリー

ココんトコ暗重いネタばかり羅列してたんで、チョッとウンコバーディッシュなネタでも・・・ブログの話がミクシィニュースに載ってた。何でも、今日本に存在するブログは1690万個(まんこってエロイよな。)で、総記事数は13億5000万件だそうです。んで、その中で、最低1ヶ月に1回更新があるブログが全体の1割程度12%だとか・・・って事は、毎日更新してるブログなんて全体の1割にも満たないって事みたいです。・...
この記事を見てみる  ⇒
生きる資格と資質を推し量るカテゴリー
2008年07月03日23:00      cat  :  気分
ココんトコ暗重いネタばかり羅列してたんで、チョッとウンコバーディッシュなネタでも・・・

ブログの話がミクシィニュースに載ってた。何でも、今日本に存在するブログは1690万個(まんこってエロイよな。)で、総記事数は13億5000万件だそうです。んで、その中で、最低1ヶ月に1回更新があるブログが全体の1割程度12%だとか・・・って事は、毎日更新してるブログなんて全体の1割にも満たないって事みたいです。・・・基本的に、毎日1~2回更新で4年目の超コツコツ日記は、割とこまめに更新できてる優秀ブログって事で良いんでしょうかね。

結局の所、皆がやってるからやってみたけれども、1年もすれば飽きてしまって、更新しなくなってしまったり、辞めてしまったりそんな人が殆どなんだろうな。

個人的には、1日にひとつ記事を書くこと位、何の大変さも無い。(記事自体のクオリティーって面では、知らんけども・・・)って言うか、1日過ごしてたら、少なくとも1つ位は、思う所があってしかるべきだと思うんだけどもが・・・何にも考えないで、生きてるなんてそれはそれで悲しい話。

で、ブログを始めた理由は何か。

1位は「自己表現」だそうです。ブログが自己表現って・・・周りによっぽど自分をさらけ出せる人が居ないのか、匿名じゃないとさらけ出せないヘタレなのか、「自己表現が日記」と言う貧相な発想しか出来ないのか・・・理由はそれぞれだろうけれども、何しか、ショボ臭い感じは否めない。

元々は、有名人の「近況報告」に良く使われていた(様に記憶してる)ブログ。

オレが大好きだった、銀杏BOYZの(AV男優で有名な)峯田さんの「朝焼けニャンニャン」(がぶがぶDIEアリーになってからはあんまり見なくなったけど・・・)とか、ただの近況報告なんだよな。でも、チョッと変な人なもんだから、ただの近況報告が素敵な作品になってたりする訳ですよ。でも、それを自己表現しているんだと、何の才能も無い一般人が勘違いした結果が、ブログでの「自己表現」と言う意味不明の現状を生み出したんだろうな。オレなんか、好きな人のブログ読んで、その人の才能の片鱗に触れられたら、それだけでご飯何杯も行けちゃったりなんかする事もあるし・・・

ちなみに、オレの場合・・・理由はなんだろう・・・?

考えてみた結果、ただの日記だと思う。

ただ、今日思ったこと、今日の心持ちをアーカイブ的に残してるだけだと思う。時々、公に公開してる事忘れて、個人の日記のような内容を書いたりもしてるし・・・自己表現なら、マンガなり、脚本なり、音楽なりで十分だ。その上で、わざわざブログで自己表現なんかしなくてもいいや。とは、言っても最低限意識して書いてはいて、そこの感じが何とも心地よく楽しいのは事実だけど・・・

せっかくなので、今日の所は自己表現でもしておこう。

病んでる時に書けた歌詞なんだけど、どうしたって良いメロディーが降りてこない。今日チョッとよさげな感じのが出来たんだけど、よく考えて見たらハイロウズの「いかすぜOK」にそっくりだったので没になった。まだまだ「Art of life」ショックは終わりそうも無い・・・

↓ ↓ ↓



民里の唄

明け時にゃ なく身を焦がし
夕餉を知りゃ 床につく

子の泣く声や ひびかぬ里ぞ
嘆くおんもは おぶゆる籠居

見ゆる上は ついぞ見かけぬ
峠を渡りて ただるは鼻の緒

暗や常世の闇くら盆
あれこれ何ぞ嬉しかろう
氷雨の夜にふるえては
火入れぬ竈の蜘蛛の巣かきて

囲う玉げや 何せむに
まされる宝 子にしかめやも 

頭を垂れて 嘆くやな
常世に渡り 光るは無し



いい曲になったら良いなぁ~。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム