超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年06月19日03:46

世界最大の不幸を背負う人間の幸福

「マンガ夜話」が、大好きな「へうげもの」(と言うか、大好きな山田芳裕作品?)だった。それはそれは、面白かった。確かに山田芳裕は、ヤングサンデーに休刊について、利休のような顔をしていた事は、まごう事のない事実だろう。あぁ~度胸星はあれからどうなるんだろう・・・マァ、そんな事はさて置いて。「世界最大の不幸」とは何か・・・?と言う問題について。とある哲学者(だったと思う)の考えでは、世界最大の不幸とは「...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界最大の不幸を背負う人間の幸福
2008年06月19日03:46      cat  :  気分
「マンガ夜話」が、大好きな「へうげもの」(と言うか、大好きな山田芳裕作品?)だった。それはそれは、面白かった。確かに山田芳裕は、ヤングサンデーに休刊について、利休のような顔をしていた事は、まごう事のない事実だろう。あぁ~度胸星はあれからどうなるんだろう・・・

マァ、そんな事はさて置いて。

「世界最大の不幸」とは何か・・・?と言う問題について。

とある哲学者(だったと思う)の考えでは、世界最大の不幸とは「不幸だと思うこと」だそうです。

つまりは、人から見てどれだけうらやむ環境にいたとしても、本人がその環境について「不幸」だと考える以上、その人は世界最大の不幸を背負う人間であると言う事になる。

逆説的に考えるのなら、「世界で最も幸福な事」は「幸福だと思うこと」になるんだろうか?

ただ、この幸福論に関しては、少々危険な匂いを醸し出しているような気もしないでもない。例えば、「アイツよりは不幸じゃないから幸せ」と言う考え方。コレだって、(↑)の論理から行けば、幸せな人間であると言えるのかも知れない。

それは、本当に幸せと言えるのか?

そう考えた時、実は、幸福に関しては、この話は当てはまらないような気がしてくる。

「幸せを知らない人は不幸だ」

と言われた世界最大の不幸を背負った人間は、立ち直って考えてみる必要があるのかもしれない。

「幸福」とは何なのか。

答えは 空の上

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。