超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年06月15日16:06

バイバイ。僕らのキミと僕が行ってきた何か

人格における存在証明または同一性。ある人の一貫性が、時間的・空間的に成り立ち、それが他者や共同体からも認められている事。自己の存在証明。自己同一性。同一性。それが、アイデンティティー。(広辞苑より抜粋)前までのオレにとっては、「モノを作る」と言う事がアイデンティティーだったように思う。それは、(↑)の説明を絡めて考えれば、周りからも「この人は色々とモノ作りをする人だ」と思われ~の、オレ個人も「オレ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイバイ。僕らのキミと僕が行ってきた何か
2008年06月15日16:06      cat  :  気分
人格における存在証明または同一性。ある人の一貫性が、時間的・空間的に成り立ち、それが他者や共同体からも認められている事。自己の存在証明。自己同一性。同一性。

それが、アイデンティティー。(広辞苑より抜粋)

前までのオレにとっては、「モノを作る」と言う事がアイデンティティーだったように思う。それは、(↑)の説明を絡めて考えれば、周りからも「この人は色々とモノ作りをする人だ」と思われ~の、オレ個人も「オレはモノ作りしてる人だ」と思い~のしていたと言う事になる。そして、それはもちろん、長期間に渡ってそう考えてきたのだから、時間的・空間的にも置いても言えると思う。・・・多分。

ところが、ある日、モノ作りはそんな重要じゃなくなってしまった。

特に最近。

前みたいに、それこそ命を削る勢いで何かに取り組んだりはしなくなった。せいぜい趣味程度。アイデンティティーなど、今ではいずこやら。・・・オレのアイデンティティーは何だ?

そうなった時に、ふと気が付いた事がある。

それでも生きてる。

人間はアイデンティティーが無いと生きてはいけないと、よく言われるけれども、そんなもの無くたって生きていけるみたいだ。

植物を見ていると良く分かる。

植物たちは、例えば、光合成をする事で酸素をいっぱい出していたとしても、それを自らのアイデンティティーとして、存在している訳じゃあない。

うにんを見ているとよく分かる。

うにんは、例えば、可愛いしぐさをして周りの人を和ませる事が出来たとしても、それを自らのアイデンティティーとして、存在している訳じゃあない。

生き物は、ご飯を食べて、いっぱい寝て、いっぱい遊んでいれば、アイデンティティーなんか無くても生きられるみたいです。アイデンティティーが無いと生きられないと言うのは、何とも言い訳のような気がしてならなくなった。

大好きな「ケラリーノ・サンドロビッチ」のバンド「有頂天」の最も訴えたかった事は「この世は無意味」の一言に尽きると思う。それを見事なまでに表現した名曲「BYE-BYE」は、何度聞いてもしみじみと浸ってしまう。

もちろんオレも込みで(昔はとにかく何事においても、テーマを求め続けてたし)この世の中は、何事にも意味を求めすぎている。漫画、音楽、映画、小説、演劇、ドラマ・・・それら全てに深いテーマ性を込めて、意味を込めて、訴えたい事を込めている。その究極系が、生きていく上での意味「アイデンティティー」だと思う。

でも、もっともっと基本に立ち返った時に、本当に意味は必要なんだろうか?

生きてる事に意味なんか無い。

歌を歌ってる事に意味なんか無い。

歩いてる事に意味なんか無い。

絵を書いてる事に意味なんか無い。

寝ている事に意味なんか無い。

何かをやろうとしている事に意味なんか無い。

人を好きになる事に意味なんか無い。

数を数える事に意味なんか無い。

誰かを嫌いな事に意味なんか無い。

本を読む事に意味なんか無い。

意味を求める事に意味なんか無い。

最近は、モノを作る時にそんな観点を重視して作るようになった。

もちろん、「エデン統合地獄変」だってそうです。あの、物語に意味なんか無い。テーマだって無い。読んだ人、見た人があの物語で「社会風刺が入ってるね」とか「生きる事の意味を考えさせられた」とか勝手に感想を持つかもしれない。でも、オレはそんなメッセージなんか込めてない。ただ頭の中に意味無く降りてきた言葉や展開を、そのまま意味無く文字に表現しただけ。

意味を求めるから、大変なんだし、意味を求めるから、重くなる。

前述の有頂天の「BYE-BYE」は、それら全ての意味の無いものを捨ててしまおうと言う「究極の無意味な歌」。

アイデンティティーで、生きている事に悩んでいる人には、何を置いてもこの歌を聞かせてあげたい。

もちろん、その行為にだって意味なんか無いのだ。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。