超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年06月11日00:05

通り魔殺人犯予備軍入りしました。秋葉原には行きません。

取り合えずの所「エデン統合地獄変」を書ききることが出来て、ほっと一安心の志茂田さんです。今朝は、疲れきっててあんまりその話に触れらん無かったけど、マァ何とか及第点ぎりぎり位には面白い物語に仕上がったかと・・・。書いてる途中、何か色々な不安に見舞われて「絶対に面白くないはずだ」と言う、意味不明な自信だけを抱きつつ書いてきたけど、それでも何とか、そこそこのものにはなったはず。最高傑作「ドリームinドリー...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通り魔殺人犯予備軍入りしました。秋葉原には行きません。
2008年06月11日00:05      cat  :  気分
取り合えずの所「エデン統合地獄変」を書ききることが出来て、ほっと一安心の志茂田さんです。

今朝は、疲れきっててあんまりその話に触れらん無かったけど、マァ何とか及第点ぎりぎり位には面白い物語に仕上がったかと・・・。書いてる途中、何か色々な不安に見舞われて「絶対に面白くないはずだ」と言う、意味不明な自信だけを抱きつつ書いてきたけど、それでも何とか、そこそこのものにはなったはず。

最高傑作「ドリームinドリームinドリーム」までは遠く及ばないけど「インドラの矢」位には面白いと思います。って、誰もわからんか。その位の面白さって事で・・・

とは言いつつも、まだ草稿段階。ココからもうひと頑張りだな。

さてさて、この前嫁と話してた、アホ女の気違いファッションの話でも書こうかと思ってたら、「秋葉原の通り魔殺人」なる面白い事件が起きたようなので、今日の所はそっちに言及します。チョッと違った方面から。

と言うか、結構ムカついてる。正直。

この手の事件が起きると確実にワイドショーで展開されるのは「心の闇は一体ドコで作られたものなのか」と言うくだらない検証。あと、テレビに出たいがためにこれ見よがしに痛いコメントしてる一般人。今日も、無関係な男が献花しながら涙も出ない嘘泣きで「誰だよ!!こんな事したのは!!」って叫んでた。アホですか。

事件の悲惨さを伝える事は重要だと思う。こんな凄惨な事件が2度と起こらないようにどうすれば良いのか、それこそ飽くなき報道を期待したい。

ただ、そこに来て、結局は同じような事件が繰り返されている背景には、マスコミのクソゴミのような間違った報道体制があるという事を、あまり誰も声高に叫ばない事に、はなはだ首を傾げる毎日です。

もう事件を起こしたのは、100%その個人が悪いのであって、そいつがどれだけ悪い事をしたのかについて、報道すればいい。そこで、「この男は昔、文集でこんな事書いてましたよ。」とか「昔、先生との面談でこんな事を話してましたよ」と言った話を何度も何度も繰り返し報道する意味が分からない。

つまりは、身近にこんな事文集に書くようなヤツは、気違いで将来犯罪を起こすから、皆で無視して社会から抹殺してあげましょうね。と言う事だろうか。

この男が、ADHDかも知れないと言う報道もあった。

コレだって、要するに精神障害者は気違いだから、近づかないようにしましょうね。と行っているとしか思えない。

今日たまたま見た番組でキャスター(ホンジャマカの恵だ。確か)は、「この男の言動は子どもの頃から理解に苦しみますね。」見たいな事を言ってた。犯人の言動とか見てたけど、オレは結構理解出来る。(人を無差別に殺したいと言う気持ちは置いといても)理解できないのは理解しようとしないだけで、ただの怠惰だ。そして、こんなヤツが堂々とテレビで「僕は気違いの気持ちなんか分かりませんけどね」と声高に話し続ける限り、今回のような事件は恒久的に無くなる事はない。この報道のあり方が、次々と犯人を作り上げている事をもっとしっかり認識して欲しい。

今回の事件の報道で受けた印象なんてキッと、「アニメとか好きで、女にもてないヤツ」「ネガティブで人生に後ろ向きなヤツ」「被害妄想が強いヤツ」「学生時代、文集とかで痛い事書いてるヤツ」「ADHDのヤツ」はキレたら何するか分からないから避けておけってな感じだと思う。

それってキッと、ほとんどの自分の事を普通だと思ってる人間からすれば、「意味も無く殺されたくないんだから、当たり前でしょう。」と思うかもしれない。でも、避けられた側の気持ちを考えた事があるんだろうか。

避けられた側だって、本当は避けられたくなんか無いはずだ。

今回の犯人に関しても、気違い扱いをされて、長い間色んな所で不当な扱いをされてなければ、事件なんか起こさなかっただろう事は確実に断言できる。

そこの部分の断罪が何をおいても最重要だと思う。

だって、こんな事が続いて、将来的に(↑)見たいな人間は犯罪者予備軍だから、矯正施設に入れてしまえと言う法案が通るかも知れない。そうなったら確実にオレは、そこの矯正施設に入れられてしまう。その位の子ども時代を過ごしてきたオレなんだし。

どうして、何にも関係ないオレをこんな気持ちにさせるんだろう?

キッと、オレが凄い犯罪でも犯したら、このブログの内容もいっぱいテレビで垂れ流されるんだろうな。

そんなこんなで、少なからずムカついてて、そして悲しい。申し訳ないけど、被害者の事なんか何とも思わない位に、身を切られるほどに悲しい。

ただ・・・悲しい・・・

関連記事
スポンサーサイト
Re: 通り魔殺人犯予備軍入りしました。秋葉原には行きません。
最近パソコン見てなかったからあんまブログも見にこれてなかったけども。。
折角この記事読んだのでコメントします。
この事件は俺も悲しくなった。
何が悲しいかというと、
俺も同じ事し兼ねないなぁ…と思って悲しくなった。
皆はそんな事無いのかなぁ?と思うと悲しくなった。
もっとも、俺は免許無いし、暴れるだけで取り押さえられて終わりそうな気もするけど。。
そして俺が事件を起こせば、奇しくも俺の作品は世に出るのだろうか。。と思うと変な気分になった(-_-)
アニメや漫画ってゆーか。殺人犯には芸術的な人が多いようです。
殺人犯の描いた絵を特集してるコンビニ本があった。
中には高額取引されるものもあるんだって。
でも基本的に、常人が描く狂気は時に芸術として一般的に高く評価されるけど、キチガイと称されてしまった人が狂った作品作っても、一般的にはキチガイの裏づけにしかならんよね。。
話逸れたけど、
殺された人達も確かにいたたまれないけど、
殺された人達の将来の夢とか、そ~ゆ~のもわざわざ流してるあたり、
なんて皮肉なんだ。。。
と思いました。
[ 2008/06/17 01:50 ] [ 編集 ]
>くろすけ
はい。コメントありがとうです。


>俺も同じ事し兼ねないなぁ…と思って悲しくなった。


この事件に関しては、裏でこう言っちゃあ何だけど、オレ等みたいな同類項の人間に別の深い悲しみを作ったような気がしてならない。

病んでると言われると、そこまでかも知れんけど、犯人の方の気持ちも凄い分かって、そして、犯人の方が感情移入しやすかったから…

嫁が、被害者に対して可哀想って言う話をしてた時も、オレはどこかで、その感覚に違和感を感じてたし。


>そして俺が事件を起こせば、奇しくも俺の作品は世に出るのだろうか。。と思うと変な気分になった(-_-)


昔、「山田かまち」って言うヤツの絵を見た事がある。(ソイツは犯罪者じゃないけど)死んだ後に、見つかった絵が素晴らしかったとか言う理由で有名になったんだけど・・・

オレが死んだら、オレもアイツみたいになれるんだろうか。オレが、何か(負の方向で)を起こしたら、アイツ見たいになれるんだろうか。って本気で考えた事も実は結構ある。昔から、確かに天才ってのは、キチガイ染みた部分があったから、オレは、自分の中にそう言うキチガイ染みた部分を探して(あるいは作り出して)自分の事を天才だと思う込ませようとしてた時期も長かったし。


>殺人犯の描いた絵を特集してるコンビニ本があった。


この本に関しては、オレもコンビニで見つけて、異常に興味持ったわ。特に、普通の絵描きさんが、狂っていく間に書いた作品を時系列順に並べてたのとかかなり面白かった。ただ、そこにあった作品はオレが求めてるものとは、大きく違ったけど。


>殺された人達も確かにいたたまれないけど、
殺された人達の将来の夢とか、そ~ゆ~のもわざわざ流してるあたり、
なんて皮肉なんだ。。。
と思いました。


殺された人に関しては、確かに理不尽に殺され、とても居た堪れないけれども、前述の通りオレには、そこは酷く遠い世界の話のように感じた。犯人の感情は凄い身近に感じたのに・・・加害者、被害者両方の子どもの頃の話、将来の夢を、一方は肯定的に、一方は否定的に垂れ流すやり方には、もう閉口してしてしまって、何も言う事はないわ。

キッと、こんな事件がこれからは増えてくるんだろうな~って思った。

・・・長くなったな。
[ 2008/06/17 03:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。