超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年06月07日22:35

植物脳細胞理論のまとめに代えて綴る

ヒッピーバンドって・・・正気の沙汰じゃないと思う。急に「ウッドストック」にでも傾倒したくなったんだろうか?流行りとは言えども、最低限冷静に自分を見る事の出来る目は必要。まともに思考回路が働いている人間なら、ヒッピーバンドは無いだろ・・・ついに見る分には許容できる訳分からん流行を通り越して、見てたら「かわいそう」に思ってしまう流行が登場してしまったようです。千田を溺愛し始めて1週間弱。コイツらを見て...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
植物脳細胞理論のまとめに代えて綴る
2008年06月07日22:35      cat  :  植物園
ヒッピーバンドって・・・正気の沙汰じゃないと思う。

急に「ウッドストック」にでも傾倒したくなったんだろうか?

流行りとは言えども、最低限冷静に自分を見る事の出来る目は必要。まともに思考回路が働いている人間なら、ヒッピーバンドは無いだろ・・・ついに見る分には許容できる訳分からん流行を通り越して、見てたら「かわいそう」に思ってしまう流行が登場してしまったようです。

千田を溺愛し始めて1週間弱。コイツらを見ていてふと思った事がある。

植物はドコで物事を考えているんだろう?

1000000000000000000000000000000000000歩譲って、千田が喜んでいるとか、すねてるとか言うのが、オレの独りよがりだとしても、確実にあいつ等は、太陽の方向に葉っぱを向けたり、暑い・寒いを感じ取って自身の活動に反映させたりしている。

それは本能かも知れない。

でも、本能も確か小脳とか脳幹とかが司ってる訳で、それは脳と言う「考える部分」があってこそ成立してるって言う話だったような・・・マァ、その辺の事など詳しくは知らないけれども。

だとしたら、植物は一体ドコにその脳に匹敵する部分を持ち合わせているんだろうか?

手塚治虫著の「三つ目が通る」に出てくる超植物「ボルボック」には、確か脳となる「ボルボック本体」があった様に記憶しているんだけど、現実の植物にはそんな物体はありもしない。

じゃあ、一体ドコで植物たちは物事を感じ取っているのか・・・

葉緑体を初めとする、細胞がそれらを感じ取っているってのが一番妥当なんでしょうか?

だとしたら、ひとつひとつの細胞が物事を感じ取って、それをひとつひとつの細胞が実行する事で、結果的に植物1固体としての意思に相当しているって事になる。

それって・・・脳構造に何だか告示してる様な気がしてならない。

って事で、オレの結論。

植物は、それ1固体が大きな「むき出しの脳」です。

ただ、そう考えると脳を持つ生物が感情を持つように、植物だって感情を持っていて然るべき。ただ、それを表現するための体を持ち合わせていないだけ。

千田がすねてたり、喜んだりしてるのは、オレの独りよがりじゃない。

そんな事を、アイツら見ながら考えてました。
関連記事
スポンサーサイト
リニューアル!!
ブログが変わってて、ビックリした(笑)
前は真っ黒で、今回は真っ白だね(*^o^*)
真逆な感じが良いねi-278

多分AZちゃんから聞いてると思うけれど、私もついに(やっと?)会社を卒業することになりました!!
悩んで悩んで、これでもかってぐらい悩んだ2年間i-183
でも、今は感謝の気持ちでいっぱいi-175

この会社に入ったからこそ、志茂田さんやAZちゃんと出会えたi-260
みんなに出会えた。
私と出会ってくれて本当にありがとうi-189

また遊んでね~i-237
[ 2008/06/08 19:18 ] [ 編集 ]
お久しゅ~元気しとりますかい?

たまには、気分転換もこめてテンプレートを明るい感じにしてみたんよ。内容は相変わらず、重暗いけど…

退社(卒業?)の事は、嫁からチラッとは聞いたよ。お疲れ様でした。

2年間か…凄いな。

良くあんな所で勤めれた…って言うたら、失礼なんでしょうか?

とは言え、あそこの会社は、逆に仲良しは増えたし、そう言う意味では、良かったのかも…

また、いつでもノコノコ出てくから、誘って頂戴な~。

何しか、お疲れ様でした。
[ 2008/06/11 00:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。