超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2008年05月27日22:15

DAIKIの店員

モイモがあまりにも窮屈そう(↓)なので、植え替えしてやる事に。前回と同じく、丁度いいプラ鉢を求めて、近所のDAIKIに。そこで、たまたま知り合いがいた。ここのDAIKIで働いてる昔からの連れ。にしてもあんまり会わないのは、オレのタイミングが悪いからだろうか?取り合えず今日の所は、プライバシーの関係上、本名は伏せといてソイツの事は「安藤直記」(仮名)と言う事にしておこう。(以下安藤)取り合えず、世間話を・・・...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAIKIの店員
2008年05月27日22:15      cat  :  植物園
モイモがあまりにも窮屈そう(↓)なので、植え替えしてやる事に。

モイモ02

前回と同じく、丁度いいプラ鉢を求めて、近所のDAIKIに。そこで、たまたま知り合いがいた。ここのDAIKIで働いてる昔からの連れ。にしてもあんまり会わないのは、オレのタイミングが悪いからだろうか?取り合えず今日の所は、プライバシーの関係上、本名は伏せといてソイツの事は「安藤直記」(仮名)と言う事にしておこう。(以下安藤)

取り合えず、世間話を・・・

元々、高校では同じ演劇部なので、夏の演劇部再開に誘ったんだけども、仕事が忙しいらしくて来れないらしい。で、「やっぱり安藤がおらんとおもん無いわ~」とか話してると、出来るだけ、仕事を休んで来てくれるとの事。言ってみるもんだ。シメシメ。

で、本題。

「今(多分)1号のポットに入ってるモイモに丁度いいプラ鉢を下さい」と言うと、「鉢は無いから、もう少し大き目のポットをどうぞ。10個入りで、90円になります。」だって・・・

以下会話形式で。

「いやいや・・・植え替えするのはモイモ1人だけだから・・・」

「毎日植え替え出来ます。」

「いやだからね・・・」

「ではコチラはいかがですか?」

「それは、40個入りだ。」

「1ヵ月毎日植え替えしていただけます。」

「モイモが死んでしまう。」

「では、やはり10個入りなど・・・」

「10個もいらんって。」

「10日間毎日植え返していただけます。」

「お前では話にならん。」

「1個で計算すると、9円とお安くなっておりますが。」

「だから10個入・・・・」

「大変リーズナブルです。」

「それ下さい。」

安藤とこんな訳の分からんやり取りをして遊んだ後、98円の10個入りポットを買って帰った。お釣りの2円は シナチクに恵んでやった。 中国四川省の地震救済募金に寄付した。

家に帰って、植え替えの前に、念のため家にある使ってない鉢を探してみると、千田が元々入ってた鉢がとても丁度いい大きさ・・・

買いに行く前にちゃんとチェックして置けばよかった・・・

一応植え替えに使う事を想定して、持ってきた買ってきたポット(↓)

モイモ05

一切使わないまま、植え替え終了。(↓)

モイモ03

植え替え中に風で飛んでいったポット(↓)

モイモ04


・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・・

マァ何しか、モイモは、凄い根が張ってて、しかも、昨日位から新しい新芽がニョキニョキと出始めてる。とっても元気なモイモ。明日には、相当運が良ければ写真を撮ってアップできるかも・・・

安藤直記。忙しい仕事中に遊んでくれてありがと。

また買いに行くわな。

そんな感じです。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。