FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年05月17日03:05

ストーキングキングの寓話

私事で大変恐縮ですが・・・今「ブラックジャックによろしく」を読んでます。(連載再開後の方)何か、連載再開が嬉しく天パったままコレまで読んできたけど、単行本発刊のペースが落ちて頭がまともに動き出した状態で冷静に読むと・・・このマンガおかしくないか?いつの間にこんな変態ストーカー研修医の話になったんだろう?こんな男が実際にいたらキッと新聞の見出しは「医者見習い研修医 自分の腎臓を受け取ってくれと透析患者...
この記事を見てみる  ⇒
ストーキングキングの寓話
2008年05月17日03:05      cat  :  気分
私事で大変恐縮ですが・・・

今「ブラックジャックによろしく」を読んでます。(連載再開後の方)

何か、連載再開が嬉しく天パったままコレまで読んできたけど、単行本発刊のペースが落ちて頭がまともに動き出した状態で冷静に読むと・・・このマンガおかしくないか?

いつの間にこんな変態ストーカー研修医の話になったんだろう?

こんな男が実際にいたらキッと新聞の見出しは

「医者見習い研修医 自分の腎臓を受け取ってくれと透析患者を脅迫」

だと思う。

内容としては

「『オレは医者だから、オレの腎臓をお前の体に移植したい』と意味不明の言葉を呟きながら透析患者の女性に脅迫。断った女性の家や実家へ押しかけるストーカー行為に及んだ。」

みたいな感じになるような気がする?

がん編とか、凄い面白いと思ってたのに・・・

そんな中、斉藤先生と皆川さんの関係が・・・別の意味でいやはや何とも痛い・・・

と言うのも、この関係ってのが、オレと嫁の付き合い始めの頃に結構似てたりなんかするから。あの頃に自分は、周りが見えてなくて今思い出すと結構恥ずかしい事が多い。それに似てるもんだから、読んでるとや~な感じにフラッシュバックしてくるみたいです。マァ、オレはいきなり自分の内臓を人にあげるとかで彼女と喧嘩はしなかったけど。

なんか変な所でリアリティーがある様なない様な・・・

現在ストーキング真っ最中で、相手の女性とある意味でひとつになってしまいたい方必読の本です。

今後の展開に期待して、読み続けよう。

新刊は、今月末発売だ。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム