FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年05月15日02:12

知恵遅れの佐吉はあざ笑う

ペースが落ちてきた。脚本を書くって、何てパワーのいる作業なんだろう・・・考えてみた。昔、「クワニータ」と言う脚本を書いたことがある。全部で50ページ少々。1時間くらいの劇だ。それを、後になってマンガに描き直して見た。するとページ数約200ページ。つまりそう言う事みたいです。脚本はマンガの4倍パワーが入る。1日に5ページ書くって事は、毎日マンガのネームを20ページ描き続ける事に匹敵する。極論と言えばそ...
この記事を見てみる  ⇒
知恵遅れの佐吉はあざ笑う
2008年05月15日02:12      cat  :  気分
ペースが落ちてきた。脚本を書くって、何てパワーのいる作業なんだろう・・・考えてみた。昔、「クワニータ」と言う脚本を書いたことがある。全部で50ページ少々。1時間くらいの劇だ。それを、後になってマンガに描き直して見た。するとページ数約200ページ。つまりそう言う事みたいです。

脚本はマンガの4倍パワーが入る。

1日に5ページ書くって事は、毎日マンガのネームを20ページ描き続ける事に匹敵する。

極論と言えばそれまでだけど、それに近いくらいの量である事は間違いない。もちろん、マンガでは絵を書く必要も出てくるけど、オレは絵を描くことに関して何にも苦じゃないし、楽しい。

字だけで展開を4倍書かなければいけない。

脚本を書くって、大変な作業のようです。

とか呟きながら書いてる「エデン統合地獄変」。実は、全く面白い自信が無い。この前そんな話を「くろすけ」に話したら「大丈夫。オレはベタなのも好きだから」と言ってくれたけど、コレベタでもないような・・・コレはいいのか?

そんな不安に再び駆られて、高校の頃にオレが書いたものを片っ端から読み漁ってみた。それこそ脚本からマンガから音楽から・・・

で、分かった事。

オレは今、幸せなようです。

別に金に困ってるわけじゃないし、仕事も(辞める準備しながら)ボチボチやって、最愛の人まで見つけて・・・普通に幸せみたい。

オレが、面白いと思う「毒気」があまりにも無い事が「エデン統合地獄変」をイマイチにしてるんだと思う。アイデア自体は別段悪くないのに、何だかあんまり面白くないんだと思う。

高校の頃に書いた作品と比べるとはっきり分かった。

あの頃は、自分の不満や鬱憤、悲しみ、孤独、無力などありとあらゆる負の感情を持っていく場として、モノ作りをしてたし、それ自体がアイデンティティだった。所が今じゃあ、趣味の一環みたいなもの。

それじゃあねぇ~・・

そんな感じなんで、本当にダメ臭いけど、ココまでやっちゃったから責任もって面白くなるように書きます。

でも、それでもダメな時の保険も用意してみた。

ひとつは今、暗黒真っ盛りの弟が書いた作品。コレが何とも秀逸。本人の許可があればの話だけど・・・

もうひとつは、オレが病み真っ盛りだった頃に「犬神サーカス団」の「御霊前」を聞いてイメージを膨らませた「非現実に抱え死す」と言う作品。あまりにも重苦しくて、劇団時に、闇に葬り去られてたヤツなんだけど、少々手直ししてコレも持っていこう。

3つあれば何とかなると思うのは浅はかでしょうか?

「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」ってやつで。

マァ、1個はオレの鉄砲じゃないけど・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム