FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年05月12日23:45

1日1キラキラと輝くもの

ハリセンボンの死神の方に彼氏が出来たそうで・・・普段、人の幸せ話を苦虫を噛み潰しながら聞くオレだけど、ああ言う感じの人に彼氏とか出来ると、心から「良かったなぁ~」と思ってしまう。心の腐った人間でしょうか?オレが一番好きな筋肉少女帯のアルバムはダントツで「キラキラと輝くもの」。筋肉少女帯史上最も売れていないアルバムであり、賛否両論が最も著しいアルバムだと思う。もちろん普通に完成度からすれば、「ナゴム全...
この記事を見てみる  ⇒
1日1キラキラと輝くもの
2008年05月12日23:45      cat  :  気分
ハリセンボンの死神の方に彼氏が出来たそうで・・・普段、人の幸せ話を苦虫を噛み潰しながら聞くオレだけど、ああ言う感じの人に彼氏とか出来ると、心から「良かったなぁ~」と思ってしまう。心の腐った人間でしょうか?

オレが一番好きな筋肉少女帯のアルバムはダントツで「キラキラと輝くもの」。

筋肉少女帯史上最も売れていないアルバムであり、賛否両論が最も著しいアルバムだと思う。

もちろん普通に完成度からすれば、「ナゴム全曲集」を初め、「サーカス団パノラマ島へ帰る」「月光蟲」「レティクル座妄想」など名盤キラ星の如し。だけど、その中でオレはやっぱり「キラキラと輝くもの」が大好き。

簡単に解説すれば、オーケンの名作「冬の風鈴」で始まり、橘高メタルの傑作「小さな恋のメロディー」、おいちゃん奇跡の1曲「機械」(何度聴いても震えるほどの名曲)へとつながり、そして、大名曲「サーチライト」で緊張はピークに達したかと思うと、最強のラブバラード「そして人生は続く」(カラオケで歌った日には涙が止まらない)からの怒涛のノホホンポップス。(特に「 ベティー・ブルーって呼んでよね」は、この1曲があったからこそ、オレは生きていけたと言う位大好きな歌。)「お散歩モコちゃん」をはさんで、オーケンの名曲「冬の風鈴」の完全版で終了。

聴き終わった後の爽快感は、群を抜いて素晴らしく「よし、もう1度聴こう」と言う迷宮に迷い込んでしまう。

確かにパワーダウン否めないアルバムだけれども、その弱さがきっとオレには一番心地いい。前述の「名盤」と言われるアルバムには、圧倒的なパワーがあって、そのパワーにオレはやられてしまう。キッと、オレみたいな平民は、絶好調時パワーを受け止める事が出来なくて、少しパワーダウンした位がキッとニコニコ丁度いいんだと思う。

そんなもんで、この「キラキラと輝くもの」は昔っからオレのモノ作りの時のテーマ曲。

特に短期的にダーッて書く脚本作業の時には、何度繰り返して聴いた事か。

もちろん、今の書いてる「エデン統合地獄変」の間もエンドレスで聞いてる。

最近は、「キラキラと輝くもの」を1回聴き終わるまでが、1日の創作時間と決めて、1日1「キラキラと輝くもの」を決行してる。

収録時間は45分ほどで、その間に書けるページ数は調子良くて5~6ページ。乗り切らない時は1行。

そんな感じでのらりくらりと書いてますよ。

って話だったのに・・・キラキラを如何に好きかって事ばかり長々と書いてしまった・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム