FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年04月25日22:00

手塚ノーツの03

手塚治虫の医学マンガと言えば「ブラック・ジャック」。でも、「ブラック・ジャック」が「ハンター・ハンター」(最近読んでるもので・・・)や「幽遊白書」なら、「レベルE」に値するマンガこそが「きりひと賛歌」。個人的には、「地球を呑む」と並ぶ手塚治虫の最高傑作です。主人公の「きりひと」は多分、キリストから来てるんだと思う。マァ、別段キリスト教に関係するお話って訳でもないけど(ヘレン・フリーズのくだり以外は...
この記事を見てみる  ⇒
手塚ノーツの03
2008年04月25日22:00      cat  :  気分
手塚治虫の医学マンガと言えば「ブラック・ジャック」。

でも、「ブラック・ジャック」が「ハンター・ハンター」(最近読んでるもので・・・)や「幽遊白書」なら、「レベルE」に値するマンガこそが「きりひと賛歌」。個人的には、「地球を呑む」と並ぶ手塚治虫の最高傑作です。

主人公の「きりひと」は多分、キリストから来てるんだと思う。マァ、別段キリスト教に関係するお話って訳でもないけど(ヘレン・フリーズのくだり以外は)、象徴的な意味としてキリストを持ってきていたのは間違いない。

「白い巨塔」の小説が書かれた頃と同時期の作品。作中にも「『白い巨塔』と言う小説では・・・」と言うセリフが出てくる。自分より面白いモノを書く人がいるとすぐにパクって「僕が書いた方が面白い」と言いたい手塚治虫(さいとうたかをに対抗しての劇画、水木しげるに対抗しての「ドロロ」などなど・・・)からすると、影響を受けたのかもしれない。

にしたって、「白い巨塔」が医者の政治的な面を強調していたとするのならば、「きりひと賛歌」こそ医者とは何かを誠実に突き詰めた作品だと思う。

「医者と言うものが・・・キリストのように・・・手で触れただけで死人を蘇らせ、病人を治せるのならばともかく・・・十年も二十年も学問に人生をすり減らし、道具を使い、薬も使い、おまけに金までとって直す保証もしないのが医者なら、医者なんか無用だ!!」

劇中のこのセリフが、この作品のテーマを物語っているように思う。

手塚治虫の凄い所は、それが、直接的表現じゃない事。「白い巨塔」も、最近じゃあ「ブラックジャックによろしく」も、詰まる所は所詮は医者の物語でも、医者に対する批判的、非難的な気持ちが強まるばかりだと思う。でも、この「きりひと賛歌」は、設定上医者の世界だけれども、医者とはどう言うものかを明確にした上で、暗喩的に教訓を心に置いてくる形をとっている。だから読み終わった後に「医者の世界は嫌だ。」とか、「病院にいきたくない」と言う気持ちを起こさせる前述の2作とは大きく読後の感想が違ってくる。

佐藤秀峰は、このマンガを読んだ事なかったんだろうな。そうでなきゃ、あんなタイトル(ブラックジャックによろしく)つけたりしないだろうと思う。

名作でした。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム