FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年04月20日03:40

飛び降ります。死ぬまでの間にはきっと何かが見えるはずです。

嫌な部分をたくさん含んだ人間です。オレは。それは挙げればキリがなくて、オレは、オレのような人間とは絶対に仲良く出来ない。こんなオレをステキだと言ってくれる嫁の事を感謝しない日などありませんとも。所が、よくよく考えてみると、オレが嫌だと思う部分をオレの家族もまた持っている事に気が付く。逆説的に言えば、オレが子どもの頃から家族の嫌だと思っていた事を今オレがやっているようです。何のことはなく、血と共に脈...
この記事を見てみる  ⇒
飛び降ります。死ぬまでの間にはきっと何かが見えるはずです。
2008年04月20日03:40      cat  :  気分
嫌な部分をたくさん含んだ人間です。オレは。

それは挙げればキリがなくて、オレは、オレのような人間とは絶対に仲良く出来ない。こんなオレをステキだと言ってくれる嫁の事を感謝しない日などありませんとも。

所が、よくよく考えてみると、オレが嫌だと思う部分をオレの家族もまた持っている事に気が付く。

逆説的に言えば、オレが子どもの頃から家族の嫌だと思っていた事を今オレがやっているようです。

何のことはなく、血と共に脈々と受け継がれてきたものらしい。それは一種の宿命で、オレはそれを全て受け入れた上で、この家の人間として生きていかなければいけないみたい・・・

そう考えた時、こんなオレの事をステキだと言ってくれる嫁に対して、コレまで以上に深い感謝の気持ちを持つようになリました。

また新しいあいつへの感情に気が付いたのは、ぼんやりしていた夕方の車の中でした。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム