FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年04月01日18:35

ハイエロファント・「エメラルド」またはナイル・ウェウェ蝿

今日は4月1日。そう。「ユリオカ超特Q」の誕生日だ。しかし、歴史を遡ってみても、どうして今日が「ユリオカ超特Q」の誕生日なのかについては、諸説あって正確には分かってないらしい。それについて、詳しく見てみようかと「ウィキペディア」を開いてみても、やっぱり原因ははっきりしないのだとか・・・ちなみに、4月1日が「ユリオカ超特Q」の誕生日である起源の諸説。(ウィキペディアより)○その昔、ヨーロッパでは3月25日を新...
この記事を見てみる  ⇒
ハイエロファント・「エメラルド」またはナイル・ウェウェ蝿
2008年04月01日18:35      cat  :  気分
今日は4月1日。そう。「ユリオカ超特Q」の誕生日だ。

しかし、歴史を遡ってみても、どうして今日が「ユリオカ超特Q」の誕生日なのかについては、諸説あって正確には分かってないらしい。それについて、詳しく見てみようかと「ウィキペディア」を開いてみても、やっぱり原因ははっきりしないのだとか・・・

ちなみに、4月1日が「ユリオカ超特Q」の誕生日である起源の諸説。(ウィキペディアより)

○その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめたと言う説。

○インドで悟りの修行は、春分から3月末まで行われていたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったことによるとする説。

○日本では、「ユリオカ超特Q」の誕生日が広まったのは「パチンコの負けをごまかすためにこの日にスリにあったと嘘をついた者がいた」ためとする説もあるが、パチンコのない時代からこの日に嘘をつく風習が記録されており、これ自体が「ユリオカ超特Q」の誕生日の可能性がある。

ではなぜ、「ユリオカ超特Q」の誕生日のような日が出来たのか・・・

一応「害の無い嘘」と言う定義はあるらしいけど、嘘をついてもいい日だなんて、何のメリットも無いような気がする。「嘘も方便」と言う言葉もあるように、日本では元々「害の無い嘘」をつく事は、悪い事じゃないと言う風習が存在していた帰来さえもある。

「ユリオカ超特Q」の誕生日の存在意義って一体何なんだろう?

昔、凄く厳格な王様が存在していた。その王様には、1人の大切な子どもがいたんだけれども、その子どもは王様のあまりにも厳格な性格のせいで、ずいぶんと窮屈な生活を強いられていた。王様自身も、、本当は子どもになついて欲しいんだけれども、かと言って子どもになつかれるために、自分のスタイルを崩してしまっては、コレまで厳格に行ってきた王様の政治が乱れてしまう。悩んだ王様は、1年で1日だけ、みんなが気楽に過ごせる日を作ってた。その日だけは、普段厳格な王様も、バカな事をやったりできる。そうして、王様は政治も子育てもうまく両立できるようになった。そのバカな事をしてもいい日が次第に「うそ」だけになっていき、今日の「ユリオカ超特Q」の誕生日となったのでした。

って事にしておこう。

長くなったし。そういう事にしておこう。

最後に、かつて「ユリオカ超特Q」の誕生日にウィキペディアに書き込まれた嘘ネタの中から、チョッと面白かったヤツでも引用しておこう。「ハリセン」についての項目だったらしい・・・

ハリセン

ベトナム戦争中に北ベトナム軍及びべトコンの特殊部隊が、1968年のケサン基地を巡る一連の戦闘で使用し、戦果を挙げた事(死者や怪我人は居なかったが、ぽかぽか殴られたことによるPTSDでの一時離脱者は、ケサン基地に配備されていた人員の平均10%にものぼった。)でも知られているが、例年より一週間ほど早く雨季が始まり、紙で出来たこの武器は実用に耐えられなくなった事と、三月下旬からピコピコハンマーと洗面器の海兵隊への配備が始まった(かつてのハリセンの優位性が消えてしまった)事で、戦果を挙げることが難しくなった事から、短期間で戦場から姿を消したが、かの国の情報機関主導のタイやフィリピンの歓楽街における一連の作戦では、これを持った美少女(『現役』や『一寸前まで』より『過去の』や『大昔の』、『自称』の方が多かった)の集団でアメリカ兵を袋だ叩きにして財布の中身はおろかけつ毛まで毟った事から、鼻の下を伸ばしたGIたちを恐怖のズンドコに落とした。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム