FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年03月15日00:49

ぶるぶるする久保帯人と凶泰斗

ココ最近だ~っと「BLEACH」読んでます。だ~っと読めるマンガ無いか?と聞いた所弟が出してきたのが「BLEACH」だったわけです。「ゾンビパウダー」。井上雄彦で言うなら「カメレオンジェイル」。甲斐谷忍なら「翠山ポリスギャング」でございます。読んだ感想。あれだね。初期の頃はまだ、「ゾンビパウダー」臭くて好きだけれども、後半はチョッと・・・残念な結果です。斬魄刀に色んな能力があるからてっきり「ハンターハンター」...
この記事を見てみる  ⇒
ぶるぶるする久保帯人と凶泰斗
2008年03月15日00:49      cat  :  気分
ココ最近だ~っと「BLEACH」読んでます。だ~っと読めるマンガ無いか?と聞いた所弟が出してきたのが「BLEACH」だったわけです。「ゾンビパウダー」。井上雄彦で言うなら「カメレオンジェイル」。甲斐谷忍なら「翠山ポリスギャング」でございます。

読んだ感想。あれだね。初期の頃はまだ、「ゾンビパウダー」臭くて好きだけれども、後半はチョッと・・・残念な結果です。斬魄刀に色んな能力があるからてっきり「ハンターハンター」ばりのスタンドバトルが楽しめるのかと思いきや、能力無視のただのバトル。(その面でNARUTOの方が、何だか納得できた。)

しかも、尸魂界編はまだしも、虚圏編になると、なぜ一護君が強くなっていくのか、オレにはもうよく分からない。しかも完全にパワーインフレ起こしてないか?読んでて「聖闘士星矢」を思い出した。

取りあえず小宇宙が高まれば何とかなる「聖闘士星矢」。取りあえず死んだキャラも生きてる「聖闘士星矢」。取りあえず何でか分からないけどポーズ決めれば相手が吹っ飛ぶ「聖闘士星矢」。ビバ車田。

そう考えると、尸魂界の護廷十三番隊ってのものきっと「聖闘士星矢」のサンクチュアリの教皇を守る聖域十二宮だ。十刃もきっと「聖闘士星矢」のハデスを守る「冥闘士」だ。若しくは、志々雄真実の10本刀だ。ついでに「ウルキオラ」と「ヤミー」は「ベジータ」と「ナッパ」だ。

車田イズムに照らし合わせて考えると、「BLEACH」もなかなか捨てたもんじゃない。「ゾンビパウダー」の頃のセンスのあるマンガを期待して読むからがっかりするんだ。車田マンガを読む気分で、読めば面白い。

ただ、決定的に車田マンガと違う事が1つ。

展開が遅すぎる。

車田マンガは、あの自由奔放ぷりを楽しむのに実に最適な長さなんだよな。適度にスピーディー。それに比べて、あまりにも展開が遅すぎるような気がする。あのペースでダラダラ続くのならば、果たしてどこまで楽しめるのかなぁ~。

「BLEACH」に限った事じゃないけど、最近のジャンプのマンガはどれもコレも展開遅くて、長いなぁ~。個人的には、30巻くらいで終わるのが一番好きなんだけどなぁ~。「北斗の拳」とか「聖闘士星矢」とか「るろうに剣心」とかさ・・・

「北斗の拳」で思い出したけど、あのマンガにはたくさんの「愛」が出てくる。それぞれのキャラクターがそれぞれの「愛」を抱いて生きている。当てはめると「フドウ」は家族愛、「サウザー」は師弟愛、「ラオウ」は男女愛・・・「ラオウ」しょぼい!!しかし、例え男女愛に振り回されようとも、そのカッコ良さは1ミクロンも減りはしない。それが世紀末覇者。それが「拳王」。凄いカリスマ性だ。DIOに匹敵するな。

いっぱいマンガネタでした。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム