FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年03月12日01:01

俗称のままに伝える

悲しみと言う感情を「悲しみ」と言う言葉を使わずに表現する。感情表現において難しいのはこの部分だと思う。昔、脚本を描いていた時に一番気を使っていたのは実の所この部分だ・・・きっとそうだ。本当に悲しい時人間は「悲しい」と口にする事はない。少なくともオレは過去の経験から考えて、口にしない。同じく、本当に楽しい時は「楽しい」と言わないし、本当に幸せな時には「幸せだ」とも言わない。90年代筋肉少女帯、最後の...
この記事を見てみる  ⇒
俗称のままに伝える
2008年03月12日01:01      cat  :  気分
悲しみと言う感情を「悲しみ」と言う言葉を使わずに表現する。

感情表現において難しいのはこの部分だと思う。

昔、脚本を描いていた時に一番気を使っていたのは実の所この部分だ・・・きっとそうだ。

本当に悲しい時人間は「悲しい」と口にする事はない。少なくともオレは過去の経験から考えて、口にしない。同じく、本当に楽しい時は「楽しい」と言わないし、本当に幸せな時には「幸せだ」とも言わない。

90年代筋肉少女帯、最後の名曲と名高い「サンフランシスコ10イヤーズアフター」の中では、「ハッピーですか?」という問いかけに、「ハッピーです。」と口々に答え、最後に「We are Happy God Group」と叫ぶと言う演出がある。この場合、バンド解散の末期、心が締め付けられる終末観の中であえて「ハッピーだ」と口々に叫ぶ事で逆説的に、効果的に哀愁を表現いている模範的な例だと思う。考えてか、無意識か、偶然かは知らないけど・・・

筋肉少女帯の例は置いといて、人間の表現のリアリズムを追及する上で重要なことは、言葉ではなく、雰囲気や言動、いでたち等でその人間の感情を表現すること。普段から「あたしって幸せなんだよね~」って言う女は、心から本当に幸せじゃあないと思う。

「悲しい」と言う言葉なく心から悲しんで、「楽しい」と言う言葉なく心から笑える。

気が付けば、オレが好きな作品はそうなっているものばかりだと思う。

追伸。

「愛している」と言う言葉も右にならえ。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム