FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年03月10日04:17

悲しみの歩む道行き

心の底から悲しくなる出来事は、そのほとんどがオレ自身の概念とは縁遠い世界で行われている。普段どれだけ「悲しみ」を語ろうとも、実のところ、オレ自身にかかる悲しみには、なかなかどうして耐えられるようです。無抵抗な搾取が自分に襲い掛かるよりも、誰かに襲い掛かっているのを見ることの方がはるかに耐え難い。そうやって考えれば、逆に、無抵抗な搾取を行っている方の人間に対して、いかんともし難い感情が沸々と浮かび上...
この記事を見てみる  ⇒
悲しみの歩む道行き
2008年03月10日04:17      cat  :  ネコ
心の底から悲しくなる出来事は、そのほとんどがオレ自身の概念とは縁遠い世界で行われている。普段どれだけ「悲しみ」を語ろうとも、実のところ、オレ自身にかかる悲しみには、なかなかどうして耐えられるようです。

無抵抗な搾取が自分に襲い掛かるよりも、誰かに襲い掛かっているのを見ることの方がはるかに耐え難い。

そうやって考えれば、逆に、無抵抗な搾取を行っている方の人間に対して、いかんともし難い感情が沸々と浮かび上がってくる。一体どんな感情を持ってコレまでの人生を生きてきたのか。コレまでどんな人間関係を築いてきたのか・・・

今日少しだけ嫁から聞いた、ネコの話。

ネコに何の罪もない。なのに、心無い人間に金で買われて「にゃん権」を剥奪された、あまりにも隷属的な生活を強いられているのを聞いて、涙が溢れてきた。

「うにん」を見ながら、「コイツはホントの所、幸せなんだろうか?」「ノラ猫の自由のほうが、ネコとして実は幸せなんじゃないだろうか?」と色々考えをめぐらせている。でも、少なくとも「うにん」は、今の生活を嫌がってはいない。その考え自体が人間のエゴかも知れないけれども、きっと本当にイヤになったら「うにん」は出て行ったきり帰ってこないような気がする。

ネコは人形じゃなくて、ちゃんとした感情も考えも持っている生き物。

ネコとしてじゃなくて、生き物として見れないんなら、関わるべきじゃないと思う。

それはネコに限ったことじゃなくて、きっと全ての生き物に対してだ。最近、千田さんやイモ太見ながら、植物だって例外じゃないと思うようになった。



何か、重くなってきたから今日はこの辺で。

気分転換に、この前コタツで寝てて、熱いくなったから足だけ出して冷やしてる「うにん」でも添付しておこう。(↓)

うにん食用足肉

おっさんみたい。一応女の子です。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム