FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年02月18日22:13

約束の罵倒は海のかなたへ

なだぎが優勝だ。R-1グランプリ。今年のR-1でピン芸人でもこんなに面白い事が出来るんだと思い知らされたような気がする。何だかピン芸人と言えば「苦笑い」か「ニヤ笑い」が普通だと思っていたけど、それは「レッドカーペット」と「エンタ」での話のようで・・・最近は「あらびき団」もかなりゲラゲラ笑ってたり(どうしようもない人も居るには居るけど・・・)と、ピン芸人の可能性にびっくりする事しきりでございます。ナ...
この記事を見てみる  ⇒
約束の罵倒は海のかなたへ
2008年02月18日22:13      cat  :  気分
なだぎが優勝だ。R-1グランプリ。今年のR-1でピン芸人でもこんなに面白い事が出来るんだと思い知らされたような気がする。何だかピン芸人と言えば「苦笑い」か「ニヤ笑い」が普通だと思っていたけど、それは「レッドカーペット」と「エンタ」での話のようで・・・最近は「あらびき団」もかなりゲラゲラ笑ってたり(どうしようもない人も居るには居るけど・・・)と、ピン芸人の可能性にびっくりする事しきりでございます。ナベアツさんは、他のネタでも面白かったのに・・・さすがに「3の倍数と3が付く数字でアホになる」系は少々飽きられたんだろうかね~。オレは大好きだけど。

最近大流行の「カラータイツ」。

とある心理学者の話では、男がもっとも嫌う行為のひとつだそうです。ちなみにオレも、だいっ嫌い。あんなもの汚いだけだろ派の急先鋒にでもなりたい気分だ。女の足のきれいさが台無し。大体、流行とか全部置いといて、純粋に見てあれは可愛いのか?男のオレには分からない。

なぜあんな、不快なだけのものが大流行するのか・・・前述の心理学者はこう解説している。らしい・・・(嫁の話では。)以前の女性は、男性の目線を気にして男性が嫌うものは流行らなかったけど、近年は、男性の目線よりも自分の思う可愛らしさを追及する女性が増えてきた事が挙げられる。また、周り(特に男性)の目線に関係なく、自分の気に入るものを押し通そうとする気の強い女性が増えた事もある。

マァ、全て真に受けるわけではないけれども、この話から要約すると「カラータイツ」をはいている女は「自分を押し通そうとする頑固者で、男なんかどうでもいい女」と言う事の様だ。そんな女嫌い。

もう日本には、かつての大和撫子のようなステキな女性は居ないんだろうか・・・気の強い、我を通すだけで、自分がいいと思えば周りの目など関係なしと言うこの手の女は、40過ぎのおばはんから増殖するのかと思いきや、最近は年齢に関係ないようで。全日本人おばはん化とでも言えるんだろうな。

異性の目線を意識しないファッションは絶対にどこかから破綻していくような気がする。恋をすれば美しく、可愛くなると言うのならば、今流行りのカラータイツはその対極にあるだろう。

でも、多分そんな事考えないでただ流行っているからはいているだけのステキな女性もいっぱい居るだろうから、心を込めて伝えます。

男は表面上何と言っていようとも心の底では「嫌悪感」しか持ってないし、客観的に見て可愛さの欠片もないのでおやめ下さい。

約束は守った。

・・・2日遅れで。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム