FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年01月21日02:13

空洞を心に抱えるシャレコウベ

何だか最近色んな部分がどうでも良くて、色んな部分がいちいち気にかかる。それが普通だとするのなら、コレまでのオレはきっと普通じゃなかったんだろうな。コレまでだったら、物凄く嫌な事、腹立つ事などがどうでも良くなった。よく言えば、気分にあんまりムラがない。・・・あ?これ悪く言えばか?たちが悪いのは、そのムラの無い状態が常に若干ローテンションな部分で展開されていること。もっとはっきり分かりやすく言えば、生...
この記事を見てみる  ⇒
空洞を心に抱えるシャレコウベ
2008年01月21日02:13      cat  :  気分
何だか最近色んな部分がどうでも良くて、色んな部分がいちいち気にかかる。

それが普通だとするのなら、コレまでのオレはきっと普通じゃなかったんだろうな。コレまでだったら、物凄く嫌な事、腹立つ事などがどうでも良くなった。よく言えば、気分にあんまりムラがない。・・・あ?これ悪く言えばか?たちが悪いのは、そのムラの無い状態が常に若干ローテンションな部分で展開されていること。

もっとはっきり分かりやすく言えば、生きていく気力の部分が圧倒的に減ってる。

それでいて、コレまでどうでも良かったことがいちいち気にかかる。でも、気にかかるだけ。もうそれもあんまりどうでも良い。

いつからこんな感じになっちまったんだろう?

何だか、年末年始と終わって見るとこんな感じだった。

五月病の正月版みたいなもんかな?例えば、正月ダラダラ休みすぎた反動とか?でも、会社に行きたくないとか、そんな感じでもないんだよなぁ~。会社行くのも惰性で行ってる感じ。もう少し、気合入ってたり、行きたくないなぁ~って思ったりしてたような気がするんだけど・・・

一体どうしてしまったんだろう?

あぁ~1回だけ、アホほど楽しんだ事あったな~弟と「時間」について話してる時。あと、そのままの流れで語った「カゴメカゴメ」や「後ろの正面だ~れ」の話。そして、究極の恐怖についての話だ。アレは、面白かった。

大学の頃は、ぶーと暇さえあればそんな話してたなぁ~。(ちなみに怖い話は嫁がNGなので、あんまりアイツとは話さない。)

このとき話したネタについてはまた後日にでも。

とにかく、何かカツを入れないと、ヘロヘロ消え去ってしまいそうな今日この頃。

あ~空っぽの人間だ。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム