FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2008年01月04日10:18

ゆめゆめの言葉は「あるり」

どうも。初夢が「弾丸ジャッキー」の体操選手のほうが「体操せ~んしゅと!!」って言うフリの練習を延々していると言うものだった志茂田さんです。縁起が良いのか悪いのかと問われれば間違いなく悪いだろうな。素敵な新年だこと。「あるり」と言う不思議な力が開発された世界。オレは、学生でその「あるり」の発表会に出席してた。「あるり」は何も原料に使わない究極の動力だけれど、その代わりに自由に動かすことはまだ出来ない...
この記事を見てみる  ⇒
ゆめゆめの言葉は「あるり」
2008年01月04日10:18      cat  :  気分
どうも。初夢が「弾丸ジャッキー」の体操選手のほうが「体操せ~んしゅと!!」って言うフリの練習を延々していると言うものだった志茂田さんです。縁起が良いのか悪いのかと問われれば間違いなく悪いだろうな。素敵な新年だこと。


「あるり」と言う不思議な力が開発された世界。オレは、学生でその「あるり」の発表会に出席してた。「あるり」は何も原料に使わない究極の動力だけれど、その代わりに自由に動かすことはまだ出来ないとか・・・特徴は、人間によってくると言うこと。

ためしに、「あるり」をひとつもらったオレは、早速それを人形に入れてみる。

人形は動き出す。どこまでも着いてくる。それを何だか不気味に思ったオレは車の窓からその人形を捨てるんだけど、それでもその人形は車を追ってくる。そして、いつの間にか、横に座ってる。何度やっても、捨てることが出来ないので、ナイフで切り裂いて中の綿を取り出した。でもその中にもう「あるり」はなくなってて、皮だけになった人形はそれでもオレを追ってくる。最後には火をつけて車で轢き殺した。やっと動かなくなった人形を尻目に、大きなショッピングモールで昼飯を食ってたら、そこに、焼け焦げた皮だけの人形が・・・

そこで初めて気がついた。

「あるり」とは、恨みや呪いを動力にしたものだと・・・


後味の悪い夢だった。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム