超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2007年12月26日21:07

くちおしの花は咲き乱れる

何気に隠れファンな「ウルフルズ」。何でも、全米6位になったそうですね。と言うと、「え?ビルボード」と思うんだけど、実際には「全米iTunes USA ブルース・チャート」の6位らしい。その辺の知識皆無なオレには何の事だか良く分からんけど、これはたぶん快挙なんだろうな。多分・・・ゴリラ顔で有名な倖田來未の全米20位よりはきっとすごいはず。関係ないけど昨日久しぶりに、鈴木あみという名前のアミーゴの「S.A.」(表記...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くちおしの花は咲き乱れる
2007年12月26日21:07      cat  :  気分
何気に隠れファンな「ウルフルズ」。何でも、全米6位になったそうですね。と言うと、「え?ビルボード」と思うんだけど、実際には「全米iTunes USA ブルース・チャート」の6位らしい。その辺の知識皆無なオレには何の事だか良く分からんけど、これはたぶん快挙なんだろうな。多分・・・ゴリラ顔で有名な倖田來未の全米20位よりはきっとすごいはず。

関係ないけど昨日久しぶりに、鈴木あみという名前のアミーゴの「S.A.」(表記間違ってたらごめんなさい)を聞いた。高校の頃に買ったもんだけど、今聞くと、別に鈴木あみって歌うまくはないんだね。オレが言うのもなんですが・・・確かに鈴木あみと比べたら倖田來未が歌うまいって言われるのも分かるような分からないような・・・マァどうでも良いか。

たまにはマンガの話でも。

オレの敬愛する沙村宏明コンチクショウの「無限の住人」の新刊がやっとこさ発売になりました。どうでも良いけど、オレが面白いと思うマンガって、単行本で無さすぎじゃないか?「へうげもの」にしたって、「ヒストリエ」にしたって、「蟲師」にしたって、「ハンターハンター」にしたって、もちろん「無限の住人」にしたって・・・平気で1年とか2年とか出ない事がある。考えてみれば、オレが「むげにん」を手にとって衝撃を受けたのは12歳の時だから、もう13年前になる・・・で今、単行本22巻って・・・しかもまだ完結しないなんて・・・

マァ、それはさて置き、内容だ。

やっとこさ最終章が始まって、早1年。多分あと5年は覚悟しないといけないんだろうけど、メチャクチャ面白い。しかも、絵柄もここへ来てまたひとつ覚醒したかのように、恐ろしくカッコいい。こんな絵が描けたらオレもなりふり構わず漫画家の道を目指しただろうに・・・いやはや素晴らしい。

この人の画力は、本当に高いと思うんだけどなぁ~。オリジナリティーって意味もあるんけど、純粋にデッサン力が異常に高い。どんな難しい構図だったとしても、デッサンが狂った所見たこと無いもん。人間が本来見ることの出来ない角度の構図をデッサン狂わさずにあのクオリティーで描き上げる事の難しさは、絵を描いた事がある人ならわかるだろうて。

それにコレまでの、伏線もすべて出てき~の、登場人物全員出てき~の、まさしく最終決戦だ。

改臓肢義編のラストに出てきた「尸良」だってどうせ絡んでくるだろうから、万次に逸刀流に、無骸流の残党に(マァ尸良もある意味無骸流だけど)、吐率いる六鬼団で五つ巴の戦いになりそうだな。

こいつは、ワンピースよりも熱い展開だぜ!!言ってみれば、七武海と四皇と世界政府と、ルフィ海賊団の戦いに、黒ひげやら、バギーやらが絡んでくるようなもの。一体どうやって展開していくんだろうか?楽しみだ~。

そして、次の単行本が出るのは早くても半年後だろうな。多分1年後かと・・・

グレートだぜ。億泰よ。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。