FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年12月26日03:38

ごった煮でも召し上がれ

絵本作りから、イブにかけて色々とやってたもんで(主には「ヘイロー」)、ブログ放置気味になってしまった・・・先月までの勢いを返してほしいもんだ。わさわさ。って事で、別にどうでもいいと言う全人口の99.9999%の人間を尻目に、最近やってた事でも簡単な箇条書きにしておこう。そうしよう。○絵本完成今回は、ネタがなかなか降りてこなかったのと、作画に新しい試みを試したのとでかなり完成が遅れた。何と、イブの日...
この記事を見てみる  ⇒
ごった煮でも召し上がれ
2007年12月26日03:38      cat  :  気分
絵本作りから、イブにかけて色々とやってたもんで(主には「ヘイロー」)、ブログ放置気味になってしまった・・・先月までの勢いを返してほしいもんだ。わさわさ。って事で、別にどうでもいいと言う全人口の99.9999%の人間を尻目に、最近やってた事でも簡単な箇条書きにしておこう。そうしよう。

○絵本完成
今回は、ネタがなかなか降りてこなかったのと、作画に新しい試みを試したのとでかなり完成が遅れた。何と、イブの日の朝5時。内容については、どうでも良いとして、絵柄はオレの苦手な色つきイラスト。これまでは、カラーマジックで書いてたんだけど、それに筆ペンとポスカと色鉛筆を混ぜて書いていきました。評価はまずまず。それよりも、内容のほうが号泣ものだったみたい。何しか、喜ばれるのはうれしい事だ。

○レコーディング開始
自己満足のためのニューアルバム。その名も「オナニー遍歴」のレコーディングを少しずつだけど開始した。録ったのは、今のところ編曲まで終わってる「中央悲劇閲覧センター」「カニバリズム・マゾヒスト」「川は流れ 人は殺され 雲は流れる」「ひとときの暗がり」「るりゑ」の5曲。(ただし「るりゑ」のベースラインはまだ)一応歌入れまでやってみた。音自体はシンプルだけど、前よりだらだら遊びながらやってる分、出来が良さそう。早く完成させて聞いてみたい。オレが。だから「オナニー遍歴」。ちなみに、今は「白い世界」「アンチスーサイダー戦場へ赴く」の編曲中。

○「アス」書き
3年ぶりくらいに再開したマンガ「アス」。すでに、100ページほどは書いた。誰も意味分からんだろうけど、今は第12部「来るべき時編」を書いてます。これが全部で18話(1話20ページ)で、現在のところ10話まで書いてる状態。とりあえず、この「来るべき時編」完結まではこのペースをまもって行きたいもんだ。何だか、最近素敵な絵が書けるようになって来た気がするので・・・自分の言うのもなんだけど・・・

○簡単なエッセイを書いてみた
「今年の終わりに何か、形に残る事をやろう。」と言う嫁の提案で、公募ガイドをぺらぺら捲りながら、何か作品を作って投稿する事に決める。とは言ってもこの年末にゆっくり時間を取れるはずも無く、1人でエッセイと言うものを書いてみることにした。オレが書いて、嫁が添削。二人が納得に行く形になったら投稿してみようかと。マァ、ダメもとで2007年の記念に。

○M-1がエライ事になってしまった
毎年楽しみにしてる「M-1グランプリ」がエライ事になってしまった。まさかのサンドイッチマン優勝。と言うより今年は、最初の予想通り面白くなかったなぁ~。期待通りに面白かったのは、トータルテンボスとキングコング、サンドイッチマンだけだった。アマチュア以下で今回も最下位だったポーズンガールバンドは、来年からは出なくて良いと思う。何しか、敗者復活戦から上がってきた無名コンビが優勝なんて、改めてガチ勝負なんだと実感。

○3度目のイブ
嫁との3度目のイブだ。今年は、休みの関係上リアルに24日(しかも祝日)だったので、いつもみたいにホテルでゆっくりした後、ご飯を食べに行くというノリが、同じような浮かれたカップルとかぶって出来ないかと思ったら、案外そうでもなくて、多分これまで出最高の1日を過ごせました。いつも通り詳しいことは書かないから、ここで簡単に報告だけ・・・ちなみにプレゼントでは、前から欲しかった素敵グラサンをもらった。これからはずっと愛用だ。今後、オレの顔写真をアップする事があったら、その時にかけてるグラサンはコイツだろう。


他にも色々あったような気がするけど、明日も仕事で眠いのと、詳しく全部覚えてないのでこの辺で。

思ってたことやその時の気持ちとかがリアルに思い出せないようだし。やっぱり毎日書くということは大事だな。うんうん。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム