FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2005年12月06日23:50

歌の歌詞に身を任せ

「結局中途半端なもんだから 叶える事も諦める事も出来んのです。 ああでもね、こうでもねえ 試行錯誤が悪い癖」 オレの大好きな野狐禅の「山手線」って言う歌の1フレーズです。 オレの人生って正にこの通りだと思う。夢はあった。でもだからってどうする事も出来なかったオレは、何かに行き詰まるごとに試行錯誤を繰り返して、事態を悪化させてきた。そうやって悪循環を繰り返しながら今のオレがここにいるんですよ。 でも...
この記事を見てみる  ⇒
歌の歌詞に身を任せ
2005年12月06日23:50      cat  :  マニアック音楽
「結局中途半端なもんだから
 叶える事も諦める事も出来んのです。
 ああでもね、こうでもねえ
 試行錯誤が悪い癖」

 オレの大好きな野狐禅の「山手線」って言う歌の1フレーズです。

 オレの人生って正にこの通りだと思う。夢はあった。でもだからってどうする事も出来なかったオレは、何かに行き詰まるごとに試行錯誤を繰り返して、事態を悪化させてきた。そうやって悪循環を繰り返しながら今のオレがここにいるんですよ。

 でもオレは結局まだ、叶える事も諦める事も出来てはいない。そしてこれからも試行錯誤を繰り返していくんだと思う。

 「山手線」の歌では、「やめてしまおう」って言おうと思った瞬間それを遮る様に山手線が走り抜けて、そこに勝手に何らかのメッセージを感じて、再び歩き出す。

 でも考えてみたら、オレにはまだ「やめてしまおう」って思った事さえない。そう考えると、いかにオレが夢に対して曖昧かって事を思い知らされるような気がする。気が付けばもう今日まで来ていた。いつか「やめてしまおう」って思いつめるほどに夢に向かって真摯に向き合う日が来るんだろうか?
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム