FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2007年12月14日19:30

左利きのリメンバー大名作

また仕事のほうで若干トラぶってるカゲキ・B・志茂田です。何かどこ行ってもトラブルのは、オレ個人に問題があるのか?それとも、田舎の中小企業ってこんなものなのか?何しか、自分にあった仕事って本当のところ何なんだろうか。悩みは尽きないものだ。さてさて、昨日のアメトーークきっかけで、アメトーーク終わりから弟と「タイタニック」の上映会をしてました。(一応言っとくけどジェームスキャメロン版ね。ディカプリオ版で...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
左利きのリメンバー大名作
2007年12月14日19:30      cat  :  気分
また仕事のほうで若干トラぶってるカゲキ・B・志茂田です。何かどこ行ってもトラブルのは、オレ個人に問題があるのか?それとも、田舎の中小企業ってこんなものなのか?何しか、自分にあった仕事って本当のところ何なんだろうか。悩みは尽きないものだ。

さてさて、昨日のアメトーークきっかけで、アメトーーク終わりから弟と「タイタニック」の上映会をしてました。(一応言っとくけどジェームスキャメロン版ね。ディカプリオ版でもいいけど)ノーカットなので、3時間少々。さすがにくそ長かったけど、それもなんのその睡魔に襲われる事すらなく、最後まで見切ってしまった。

とは言っても、オレにとってはジャックもローズもどうでもいい。出来過ぎなラブストーリーが嫌いなオレが、それでもこの「タイタニック」を好きなのは、すべての登場人物が主人公だと言う点です。あくまでも作品はジャックとローズを追っていくけど、その断片断片で垣間見られる、他の人物像の描写まで驚くほど作りこまれている。

なもんで、この作品におけるオレの泣き所は、ジャックとローズはまったく関係ないシーンです。

避難しよう解散した音楽隊の4人の1人が、音楽をひき始めると、4人が再び集まり演奏は再開される。その優しいメロディーをバックに、静かに死を迎えようとベッドで手をつなぐ老夫婦、母親に昔話を聞かされ眠りにつく子供たち、ただ無言で、操舵室の舵を取る船長・・・

分かってて、何度も見てるけど、やっぱり涙が溢れてきた。(このシーンと、「おとな帝国の野望」の回想シーンは、絶対オレの涙腺が緩むシーン。)

数々のドラマが入り混じりながらも、その根底にあるどうしようもない階級社会を鋭く風刺したこの作品は、20世紀の最高傑作だと思う。個人的に好きな作品はたくさんあるけど、やっぱり普通に考えたらそうなるだろうな。

とは言え、この作品自体への評価の多くがジャックとローズを中心に行われている点に何だか憤りを覚えなくも無い。

そんじょそこらのどうでもいいラブストーリーと同じにするなって・・・

まぁ、にしたって名作だろ。賢三に大作主義と言われようが、金にまみれた強欲主義と言われようが、オレはこの作品は大評価しまう。

あぁ~面白かった。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。