FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年12月11日01:45

大犬神祭りのあとの静けさ

丸々1日放置してました。んな事はえらく久しぶりな気がする。時に、先月とか狂ったように文章を乱生させてたしな。昨日は、嫁のクリスマスプレゼントを買いに入ってました。かなりいいものが買えた。とは言え、人ごみが嫌いなオレにとっては、ショッピングモールはかなり体力を使う場所。1日のお買い物のあとは、パソコン付けずにそのまま就寝してたってわけだな。うんうん。で、そのついでにタワレコ行って買ってきました。犬神...
この記事を見てみる  ⇒
大犬神祭りのあとの静けさ
2007年12月11日01:45      cat  :  気分
丸々1日放置してました。

んな事はえらく久しぶりな気がする。時に、先月とか狂ったように文章を乱生させてたしな。昨日は、嫁のクリスマスプレゼントを買いに入ってました。かなりいいものが買えた。とは言え、人ごみが嫌いなオレにとっては、ショッピングモールはかなり体力を使う場所。1日のお買い物のあとは、パソコン付けずにそのまま就寝してたってわけだな。

うんうん。

で、そのついでにタワレコ行って買ってきました。犬神サーカス団のシングル。これで、「サマーオブラブ」全制覇だ。って事で今日は、犬神サーカス団の「サマーオブラブ」を個人的主観たっぷりのレビューで解剖していこう。

光と影「光と影のトゥーカッター」

前にどこかで書いた気もするけども、1曲目から腹立つことに新しい犬神サーカス団。構成自体は、ベタなものだけれども、だからこそ、センスと実力が問われるといったところだろうか。カップリングも「地獄の子守唄」の頃を髣髴とさせる感じでかなりいい感じ。セルフカバーもオレの大好きな「鬼畜」と文句なしだな。


地獄に落ちた「地獄に落ちた子供たち」

タイトルと相反するご機嫌なナンバー。(とは言え、歌詞はもちろんの事アホほど不謹慎。)ダークな部分とポップな部分がうまい具合に調和された感じ。カップリング。歌詞は明兄さんのやってしまった系だけど、曲はホント初期の頃のようにすばらしい。カップリングはこれも、「蛇神姫」から。でもまさか「苦界浄土」とは・・・「背徳の扉」とか「父親憎悪」とかやってほしかったな~


たからもの「たからもの」

絵に描いたような中だるみの3枚目。マァ、幅のあるバンドと言えば、そうなんだけど、前2作のような曲を書いてて、なぜこの歌が出てくるんだろう?明兄さんの頭はどうなってるんだろう?カップリングも全部そんな感じ。ただ、最後に入ってた「竹田の子守唄」は圧倒的。犬神の真骨頂だな。


バビロニア「バビロニア恋物語」

タイトルを見ての期待通りのステレオタイプな「バビロニア恋物語」。とは言え、バビロニアを髣髴とさせるステレオタイプな楽曲など、よく考えたらあるはずも無く、実のところで圧倒される。カップリングの「ディストピア」は今回の「サマーオブラブ」の中で、一番良かった曲(カバーは除く)だ。このカッコ良さは犬神サーカス団にしか出せない。そして、カバーが何と・・・衝撃のカバーはネタバレになるのでここでは伏せときます。


いつか「いつか」

最後くらいはバラードだろうなと思ってたらバラードでした。そこは安易なんだ。カップリングもマァ、陰陽座でもやりそうなメタル楽曲。(メロディラインは凄い綺麗だけど)ただこの最後のカバーが・・・何と、あの初期の大名曲をまさかのセルフカバー。メチャクチャかっこいいし、恐ろしく鬱。原曲よりも圧倒的に上がった演奏力、歌唱力でえらい事になってる。間違いなく、今回の中(下手すればこれまでの犬神サーカス団の)最高傑作。


とマァ、独断と偏見でつらつら書いてきたけど、間違いなく犬神サーカス団は、インディーズに戻って(と言うかキンメダイ立ち上げてからか?)覚醒したと思う。すべての歌が、究極的に良かった。こんなかっこいい曲ばっかり書いてたら、メジャーの頃より評価上がるんじゃないのか?

何しか、初期の頃が良かったなぁ~って言われてたくせに、原点回帰を見事に果たしただけでなく、それをセルフカバーって形で超えてしまうなんて、見たことが無い。

新しい進化の形を見せてくれた。

悔しいけど、凄いバンドですな。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム