FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年11月22日02:21

初めての顔射は自分の顔でした

やっとこさ欲求不満が解消されました。とは言え、そんなものはまたすぐに溜まってくる万年発情期の男です。こんばんわ。知り合いの夫婦に(と言うか奥さんに)子どもが出来たそうです。嫁から聞いて何だかビックリ。結婚式以来会ってはいないけど、もう子どもが出来るようになったのか。時間が経つのは早い。何しかおめでとうございます。面と向かって言うのも、陰で密やかに喜ぶのも苦手なので、こんな中途半端な所でお祝いします...
この記事を見てみる  ⇒
初めての顔射は自分の顔でした
2007年11月22日02:21      cat  :  気分
やっとこさ欲求不満が解消されました。とは言え、そんなものはまたすぐに溜まってくる万年発情期の男です。こんばんわ。

知り合いの夫婦に(と言うか奥さんに)子どもが出来たそうです。嫁から聞いて何だかビックリ。結婚式以来会ってはいないけど、もう子どもが出来るようになったのか。時間が経つのは早い。何しかおめでとうございます。面と向かって言うのも、陰で密やかに喜ぶのも苦手なので、こんな中途半端な所でお祝いします。機会があったら、赤ちゃんを見に行きたいもんだ。美男美女なんで、赤ちゃんもきっと可愛かろうて。

さてさて、こんな明るい話題もあった事だしその後に何を書こうか・・・

ドラえもんってやっぱり面白い。藤子不二雄(この場合は藤本の方?)は素晴らしく天才だと思う。そんなドラえもんの話でオレが好きなヤツに「しずちゃんさよなら」って話がある。以下ねたバレを含むんで「続き」へ

いつまで経ってもダメなのび太が、こんな自分と結婚したら将来しずちゃんに辛い思いをさせるからと、しずちゃんの前から姿を消そうとする。のび太はしずちゃんに嫌われるために「ムシスカン」って言う、不快なオーラを出す薬を飲む。ドラえもんやママさえものび太の近くでいれないほどのオーラを出し、ついには自分も倒れてしまう。そんなのび太を助けたのは、様子がおかしい事が心配になって見に来てたしずちゃんだった。のび太が「何で僕なんかを助けてくれたの?」って聞くと「当たり前じゃない」と言う。しずちゃんが帰った後、のび太は「しずちゃんに嫌われるのはまた今度にするよ」とドラえもんに告げる。

分かりにくいけどそんな話。だったと思う。

今日も1日色々あったけども、ふと思い出したのは、そんなドラえもんの話だった。

結局の所、相手の気持ちを勝手におもんばかっても何の意味も無い。別にしずちゃんが、のび太の事をイヤになったわけでも、苦労するから会いたくないと思ったわけじゃない。そう勝手にのび太が思い込んだだけ。でも、実際にはそうじゃなかったって分かったのび太は、そんなことを考えるのはやめようと思ったんだけども・・・

でもなぁ~オレは、何だかのび太の気持ちも分かるんだよな。言われる方は良い気持ちしないんだろうけど、そう言わずにいられない側の悲しさってのもあるのよ。そりゃあ言わなければいい事なんか最初から分かってる。それでも言わずにいれないダメな男って沢山いるのよ。

オレもそのうちの1人です。

そう言わなくてもすむように早くなりたいもんだ。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム