FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2005年11月30日00:38

人の生き死にとそれ以外の生き死にと元々の「生と死」

 未来を考えて行動する事が出来るのは「人」だけらしい。「人」と限りなく近い構造の脳を持つ類人猿でさえ、数十分先の事を考える事が困難だと言われている。つまりは、「生と死」を意識出来るのも「人」だけだと言う事になる。「生と死」を認識できるからこそ、「人」は「生」にしがみつき、「死」について考えるようになる。 じゃあ、他の普通の動物たちって「生と死」について考えないのかなぁ?ただ生きて、ただ死んでいくだ...
この記事を見てみる  ⇒
人の生き死にとそれ以外の生き死にと元々の「生と死」
2005年11月30日00:38      cat  :  世界観
 未来を考えて行動する事が出来るのは「人」だけらしい。「人」と限りなく近い構造の脳を持つ類人猿でさえ、数十分先の事を考える事が困難だと言われている。つまりは、「生と死」を意識出来るのも「人」だけだと言う事になる。「生と死」を認識できるからこそ、「人」は「生」にしがみつき、「死」について考えるようになる。

 じゃあ、他の普通の動物たちって「生と死」について考えないのかなぁ?ただ生きて、ただ死んでいくだけなのかなぁ~?

 虫は、仲間が死んだらそこに何の感情も持たずにそれを食べる。そこにはもしかしたら、何らかの感情が入っているようにも思えてくる。

 動物は、仲間が死んだときに寂しそうな目をする。そこにも、もしかしたら何らかの感情が入っているかも知れない。

 そういう風に見えるのは「人間のエゴイズム」だと学者さん方は言う。なぜなら、動物は「死」を理解していないから。・・・でも、それってもしかしたら人間の考える「死」の捕らえ方が出来ないだけであって、1000000種の生き物がいたら1000000種の「死」の捕らえ方があるだけかも知れないよなぁ~。要するに、「人」だって虫たちの「死」の捕らえ方を理解してないだけかも知れないって事ですよ。

 こんなのどうですかねぇ~!!学者さ~ん!!
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム