FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年11月03日11:30

アランドロン・ダムドロン暗殺計画

久々に個人宛に記事を書いたような気がする(厳密には個人じゃないけど)多分2年位前の「ゆぅーあ。」さんがブログやめた時以来か?あの頃はオレも何気に積極的に色んな人と交流持とうしてたなぁ~そんな昔の話。関係ないけど、昨日の夜「三丁目の夕日」やってた。オレは見てないけど。クレヨンしんちゃんの「オトナ帝国の野望」からこっち、何だかんだとノスタルジックな作品が増えてきてる気がする。何にせよオレが大好きな「西...
この記事を見てみる  ⇒
アランドロン・ダムドロン暗殺計画
2007年11月03日11:30      cat  :  気分
久々に個人宛に記事を書いたような気がする(厳密には個人じゃないけど)多分2年位前の「ゆぅーあ。」さんがブログやめた時以来か?あの頃はオレも何気に積極的に色んな人と交流持とうしてたなぁ~

そんな昔の話。

関係ないけど、昨日の夜「三丁目の夕日」やってた。オレは見てないけど。クレヨンしんちゃんの「オトナ帝国の野望」からこっち、何だかんだとノスタルジックな作品が増えてきてる気がする。何にせよオレが大好きな「西岸良平」が有名になるのはいい事だ。・・・って、「三丁目の夕日」の原作が「西岸良平」だって皆知ってんのか?

さてさて、また今回からはいつもどおりのノリで・・・

弟の話だけども、弟の周りで「最近ネタになったXってバンドカッコええな」とか言う話になったらしい。(ちなみの弟は7歳下)Xってバンドって・・・アンタ多分日本一のモンスターバンドだろ。とは思うけど、そんなにX好きじゃないからそこは置いといて、何だか、今の音楽より昔の方がステキだったって、現役の高校生が思ってたことに何だか感動。

オレがおっさんになっただけじゃなかったんだ・・・

色んな音楽に興味があります。

それこそ、70年代のフォークバンドから(GSはさすがにチョッと辛いけど・・・)、80年代のバンドブーム、それ以前のアングラパンク、90年代のJ-POP。洋楽はあんまり聞かないから「キング・クリムゾン」とかのプログレ勢とあとその辺りの時代のロック位聴いてないけど・・・あぁ~「ニルヴァーナ」はチョッと聞いたな。後「スリップノット」か?それに、クラシック結構好き。最近じゃあ、日本の民謡、演歌の良さに気が付いて、それを何とか自分の曲に取り入れようとしてる。

でもオレは、どう頑張っても2000年代以降の日本の音楽は「ダメだろ?」って思う。もちろんアングラに活動してる方々には素晴らしいのは沢山いるけど、ことテレビに出てるような人らに1ミクロンも良いと思える人がいない。

オレが高校の頃に聴いてた音楽を今の高校生に聞かせたら、今の音楽よりはまるような気がしてならない。

でもそれっておかんとかが「昔のフォークソングは良かった」って言ってるのと同じような・・・オレももうおっさんだなぁ~と思ってたけど、意外とそうでもないのかも知れない。だって、オレは実際に親父やおかんの世代なフォークソングも良い曲は沢山あると思うし・・・

と言うか!!「今回は恋する女の子の気持ちを表現しました」とか言う前に「恋愛」以外で何か表現してみろ。自分の内にあるどうしようもない衝動とか、苦しみとかをもっと汚い自分の言葉で表現してみろっての。オレが本当に好きなミュージシャンは、皆そうやって音楽に取り組んでいたと思う。

そんな三沢のエルボー食らって意識朦朧の状態でも5分で書けそうな、うそ臭くて中身が無くてどうでも良い恋愛の歌なんかやめてさぁ~。

日本の音楽の素晴らしさは、洋楽にはない歌詞のと旋律の美しさだと思う。それが欠片もないまま、洋楽の劣化コピーをしたって誰も聞きたがらないと思うのはオレだけだろかね・・・

・・・

・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

気が付けば、全然かけ離れたノリになってた。

マァいいや。勢いって大事だし。そうやって迷走していきます。

今日までそして明日から。(吉田拓郎より)



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2007/11/09 サンスポ芸能
★小林麻央 女優でキャスター(25)。都内で行われた「2007秋冬~2008春夏ダイヤモンドジュエリーコレクションinTokyo」にモデルとして登場。華麗なウオーキングを披露し“モデルデビュー”した小林は「緊張しましたが、ダイヤモンドのパワーに助けられ
[2007/11/09 08:01] Newsエンタメ/デジタル
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム