FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年10月26日14:37

半泣きの鳥弁当

「冬の輪舞」以来久しぶりにはまってた昼ドラ「お・ばんざい」が今日最終回だった。さすがに仕事しながら毎日欠かさず見る事は不可能で、多分全体の3分の1位しか見れなかったけど、それでも最終回はうまく見る事が出来てよかった。「冬の輪舞」がドロドロの愛憎劇だったらこの「お・ばんざい」はドタバタコメディー。主人公の「くるみ」のだんな「風太郎」が死んだ所から物語は始まる。一見すると重いんだけど、「風太郎」は幽霊...
この記事を見てみる  ⇒
半泣きの鳥弁当
2007年10月26日14:37      cat  :  TV
「冬の輪舞」以来久しぶりにはまってた昼ドラ「お・ばんざい」が今日最終回だった。さすがに仕事しながら毎日欠かさず見る事は不可能で、多分全体の3分の1位しか見れなかったけど、それでも最終回はうまく見る事が出来てよかった。

「冬の輪舞」がドロドロの愛憎劇だったらこの「お・ばんざい」はドタバタコメディー。主人公の「くるみ」のだんな「風太郎」が死んだ所から物語は始まる。一見すると重いんだけど、「風太郎」は幽霊になって「くるみ」の周りをうろちょろしてるし、主人公の「くるみ」はアントニオ猪木の大ファンだし、変な外人がいるかと思ったら、ハウンドドックの大友康平もいる。全体的に軽くて、ダラダラ見ていける。そんなもんで、いつも昼飯食べながら見てた。

ところが今日の最終回。

オレは買って来たほか弁食べるのもやめて、ウルウルしてしまった。

物凄い感動した。こんなアホな番組なのに。オレが見てない間に、「くるみ」は幽霊の「風太郎」と話が出来るようになってた。(そこがどういう経緯だか分からないけど)コレまで幽霊になっても陰ながら「くるみ」をずっと支えてきた「風太郎」が本当にいなくなる。と言うのが最終回の大まかな話。言ってみれば「くるみ」は2回目の別れだわな。

コレまで何があってもめげないで、明るく(しかも若干的外れに)乗り越えてきた「くるみ」が初めて「あんたみたいな自分勝手な男もうみたくない!!早く逝っちゃえ」って叫んだ時、初めて涙を見せた。この時にはオレももう結構ウルウル。コレまでの「くるみ」の苦労とかを勝手に頭の中で走馬灯のように妄想して、「コレまで明るく一生懸命やってきたんだな」とかウルウル。「風太郎」がその「くるみ」を涙と鼻水いっぱいで「元気ですかー!!元気があれば何でも出来る!!」って「くるみ」の好きなアントニオ猪木の真似をして元気付ける。オレももう何だか分からんけど号泣。昼間っから号泣。

何か、スゴイ久しぶりに物語で感動した気がする。

ホントに良かった~しかも、ハッピーエンド。後味も良かったんで、何だか今スゴイ気分がいい。やっぱり物語はハッピーエンドがいいな。最近読んだ「るろうに剣心」の中で和月も言ってたけど。

面白かった「お・ばんざい」。

やっぱり侮りがたし。昼ドラ。でももう何だか「冬の輪舞」みたいなのはいいやぁ~。見てて疲れるし。こう言うほのぼのなドタバタコメディー。少しホロリ。がいいです。

ハイ。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム