FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年10月19日18:50

轢き殺されて~のかバカやろこのやろめ~

仕事帰りに薄暗い路地をチャリンコで通ると、正面から制服を着たままの高校生カップルが手をつないで歩いてきてた。薄暗いのと、もう制服が冬服、真っ黒だったから、気が付かなくてチョッと危なかった。その光景を見ると何だか少しだけしょんぼりする。多分。多分だけど、何だかんだと強がってみてもオレが高校の頃に憧れてたのって、こんな風に少し遅い時間に彼女と手をつないで下校するみたいな、べったべた青春ドラマの1シーン...
この記事を見てみる  ⇒
轢き殺されて~のかバカやろこのやろめ~
2007年10月19日18:50      cat  :  気分
仕事帰りに薄暗い路地をチャリンコで通ると、正面から制服を着たままの高校生カップルが手をつないで歩いてきてた。薄暗いのと、もう制服が冬服、真っ黒だったから、気が付かなくてチョッと危なかった。

その光景を見ると何だか少しだけしょんぼりする。

多分。多分だけど、何だかんだと強がってみてもオレが高校の頃に憧れてたのって、こんな風に少し遅い時間に彼女と手をつないで下校するみたいな、べったべた青春ドラマの1シーンだったんだろうな~

オレも1度でいいからその情景に入り込みたい。そう思ってたはず。

だから少しだけしょんぼりするんだ。

しょんぼりするのはどんなに願ってもオレは一生あの情景の中に入る事が出来ないからだと思う。

でも、少しだけなのは今、オレには勿体無い位に素晴らしい人に出会えて、ソイツとの将来が楽しみだからだろう。

別にコレまでの事に後悔もないし、自分の人生なかなかいいものだと思ってる。でもやっぱり、思い通りにならなかった部分ってのは少なからずあって、そこの部分を見てしまうとしょんぼりする。

それだけ。

帰りは、いつもより回り道をして風を浴びながら帰った。

それで、何だかスッキリした。

もう夕日は沈んで真っ暗だったけど。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム