FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年10月19日03:35

手塚治虫オマージュ

耳も治ってきた。指のアレルギーもやっとギターを弾ける位に回復してきた。目の周りが何だか変になってたのも治ってきた。不眠も治ってきた。最近は快眠だ。体重も少しだけど落ちてきた。体が元気になってきた。耳が聞こえなくなってから3週間。ここまで回復するのにかなりの時間と労力と金がかかったけど、それでもオレはまだ生きてる。人間はなかなか死なないものだ。元気になってくると、えらかった時間を思い出す。思い出した...
この記事を見てみる  ⇒
手塚治虫オマージュ
2007年10月19日03:35      cat  :  気分
耳も治ってきた。指のアレルギーもやっとギターを弾ける位に回復してきた。目の周りが何だか変になってたのも治ってきた。不眠も治ってきた。最近は快眠だ。体重も少しだけど落ちてきた。

体が元気になってきた。耳が聞こえなくなってから3週間。ここまで回復するのにかなりの時間と労力と金がかかったけど、それでもオレはまだ生きてる。人間はなかなか死なないものだ。

元気になってくると、えらかった時間を思い出す。思い出した後、健康っていいなぁ~と月並みだけど思ってしまう。

もしオレが今死んだら・・・中学生位から、ほとんど毎日。考えない日は無かったくらいに考え続けたシチュエーションだ。誰からも相手にされてなかったあの頃は、今オレが死んだら、スゴイ天才が人知れず埋もれていたなんて噂になれとか強く思いながらモノ作りに励んでた。少しずつ認められ始めたあの頃は、オレが死んだら、いろんな事が立ち行かなくなるのかなぁ~?と存在意義の自問自答をしてた。

今は・・・丸っきり変わってしまったけど、誰がどう悲しむか、喜ぶか・・・そんな事を考えてる。まだまだ書きたいものや表現したい事、伝えたい気持ちが沢山ある。でも、その観点から志半ばで死んでしまう事より、周りがどう言う感情になるのか、そっちばかりを考えるようになった。

コレまで、自分の事を誰かに認めてもらおうと必死で、死ぬ事さえもそのための手段だったのかも知れない。

別に今、昔のオレが見ても納得するほど、オレの作ったものが周りから認められたかと言うと、そんな事は全くない。でももう何だかそんな事はどうでもよくなった。やりたい時にやりたい事をやる。それでいいんだろうな~。

死ななくても、できる事は沢山あるし。

人間はなかなか死ににくいし、なかなか死のうとも思わないみたい。

せいぜいオレみたいに妄想する事が関の山。

と言いつつ、今日もしっかり考える。繰り返しの話題。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム