FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2005年11月26日19:58

鼻につく感じなら読み飛ばしてくれて「可」ですんで。

 今の彼女と初めて会った時、あの子はオレを見て「どうしてあなたはそんなに生き急いでるの?」って言った。その時は意味がさっぱり分からなかったけど、それが最近わかってきたような気がする。 オレって間違いなく褒められて伸びる子だと思う。んで、求められたり、褒められたりしたら、その事に対してどれだけでも力を注げると思う。コレまでで考えてみた。今まで、色んな人に「脚本がいい」とか「マンガが面白い」とか「いい...
この記事を見てみる  ⇒
鼻につく感じなら読み飛ばしてくれて「可」ですんで。
2005年11月26日19:58      cat  :  気分
 今の彼女と初めて会った時、あの子はオレを見て「どうしてあなたはそんなに生き急いでるの?」って言った。その時は意味がさっぱり分からなかったけど、それが最近わかってきたような気がする。

 オレって間違いなく褒められて伸びる子だと思う。んで、求められたり、褒められたりしたら、その事に対してどれだけでも力を注げると思う。コレまでで考えてみた。今まで、色んな人に「脚本がいい」とか「マンガが面白い」とか「いい曲を書くね」とか「色んな才能があるね」等など言われてきた。んで、その100倍くらい「お前の作るものは独りよがり」だの「面白くない」だの「見るに耐えん」だの言われてきた。それでも、「いい」って言われたいが為にとにかく躍起になって「モノ」を作って、その評価を求め続けていたように思う。そして気がついたら、オレのアイデンティティとしてそれが確立していた。もっと言えば、オレが作り出した「モノ」がオレになっていた。

 ・・・じゃあ、オレって言う一個人はどうなんだろう?

 オレ自身についての評価なんか確かに聞いたことも無い。強いて言えば周りから「汚物」みたいな扱いを受けていた頃に「キモい」的な事を言われたくらいだ。だから、オレは非難だとしても「まっとうな評価」をくれるモノ作りに没頭したのかもしれない。

 いつしか、誰も「オレ」を見てくれなくなってた。でもそれが分からないオレは、必死になって「オレ」を見てもらうために「モノ」を作り出していた。そうやってあがいている姿が多分「生き急いでいる」ように見えたんだろう。

 アイツはよくオレに「マンガも脚本も音楽もあなたから無くなればいいのに」って言う。「そんなものが無くなれば、皆があなた自身を見るようになって、そうすれば、皆あなたの良さに気がつくのにねぇ~」って言う。アイツはオレの作るものをあんまり見ようとしない。そんな事より、それ以外の所にばっかり興味をもって、んで、まっとうな評価をくれる。それが、良い悪いに関係なく、オレは凄く嬉しい。オレの事見てくれる事が凄く嬉しいんです。だって、オレはここにちゃんと存在しているんだから。

 最近コレまでのように搾り出してモノを作らなくなった。作りたい時に作りたいだけ作る。それでいいや~。だって、オレは別にそれで食べていってるわけでもないし。(今のところは)あくまでも趣味だしね。

 ・・・つってもこんなの普通の人からしたら、当たり前の話なのかなぁ?やっぱりこんな事を考えてるオレって変人なんだろか?
関連記事
スポンサーサイト



分かります。
分かりますよ。
普通の人はどうだか知らないけど、オレ、その気持ちスゲー分かります。
モノ創りも純粋に好きだけど、どっかで見栄ってゆーか、目立ちたがりってゆーか、人の目を意識して作ってる。
で、作ったら作ったで、やっぱしみんなが見てるのは自分じゃないんっすよね。
自分は『ものを生み出す人』であって、裏方に過ぎない。主役はあくまでモノ。
『オレの人格とか、考えとか、ホントはどーでもいいんでしょ?』って。オレもよく思います。
モノばっか追われて、期待ばっかがつのって。勝手に作品を期待されて、勝手にがっかりされて。
コンチクショーめっ!!って。
最近の口癖は『オレだって人間なんだよ!』です。
[ 2005/11/27 13:00 ] [ 編集 ]
お~仲間仲間~♪
そうなんですよ。正にその通りです。作品自体への評価ばっかり気にしてて、気がついたら自分自身への評価はどうでも良くなるんです。
劇団で、脚本を書いてた時に特に思ったなぁ~
頼まれて書いて、勝手にがっかりされた挙句「今回は脚本が悪いからみんなの士気が今ひとつ」って言われた時には、本気でへこんだものさぁ~。
と言う訳で、一緒に叫びますわ。
『オレだって人間なんだ~~~~!!!』
[ 2005/11/28 02:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム