FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年10月08日10:43

イシガメが絶滅危惧種に登録されてしまった。イシガメと言えば、クサガメと伴に日本を代表する在来種の一つ。何より、真っ黒いつぶらな瞳が物凄く可愛いカメ。ちなみにうちで飼ってる「カメスケ」はクサガメ・・・関係ないけど、カメスケは年とともにイシガメっぽくなってしまったんだけど、もしかしたらクサガメとイシガメの雑種だったのかも知れない。ミシシッピーアカミミガメは何か、変な顔だから嫌い。あいつ可愛くない。さすが...
この記事を見てみる  ⇒
2007年10月08日10:43      cat  :  気分
イシガメが絶滅危惧種に登録されてしまった。イシガメと言えば、クサガメと伴に日本を代表する在来種の一つ。何より、真っ黒いつぶらな瞳が物凄く可愛いカメ。ちなみにうちで飼ってる「カメスケ」はクサガメ・・・

関係ないけど、カメスケは年とともにイシガメっぽくなってしまったんだけど、もしかしたらクサガメとイシガメの雑種だったのかも知れない。ミシシッピーアカミミガメは何か、変な顔だから嫌い。あいつ可愛くない。さすが外来種。やっぱりオレは、外国風の顔は苦手なようで・・・

マァ、それはともかくイシガメは絶滅寸前です。でも何でイシガメが絶滅しかかってるかと言うと、やっぱり人間の環境破壊が一番の原因だとか。ミシシッピーアカミミガメら外来種による自然淘汰もあるけど、一番は自然破壊。

冬眠中に、河口の工事でそのままコンクリートで埋め立てられたり、餌場がなくなったり、産卵場所が壊されたり・・・簡単に言うけど、冷静に考えてみれば、物凄く悲しくなる。冬眠から覚めたら、周りがコンクリートで動けなくてそのまま死んでしまったカメ。一生懸命産卵した場所が当たり前のように掘り起こされたカメ。餌場がなくなって餓死したカメ。大好きなカメがそんな目にあってるなんて・・・

イシガメはあまりにも身近に居すぎたために、専門に研究している人もほとんど居ないらしくて、最近まで数が物凄く減少している事にも誰も気付かなかったとか・・・

かつては、日本を代表するカメだったのに、今じゃあ、全カメの1割にも満たない位しかいないそうです。

保護とかたくさん受けながら数が減少してる海がめに対して、いつの間にか消えていってるイシガメ。あまりにも悲しい。

イシガメ。

・・・可愛いのに。

イシガメ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム