FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年10月04日21:40

Unidentified Flying Object

最近「UFO」ネタが熱いの?と疑問に思ってしまうほど、最近「UFO」ネタのテレビ特番が良くある。オレ個人としてはありがたい限り。なんせその手の話大好きだし。ロズウェル事件の宇宙人解剖フィルムやら、KGBのUFO墜落フィルムなどなど近年になって偽者が続出してるけれども、その中で最近1番個人的に凄かったのはメキシコの宇宙人遭遇映像。何か、チョッと前のテレビで、色んな専門家がCGの可能性はないけれども、...
この記事を見てみる  ⇒
Unidentified Flying Object
2007年10月04日21:40      cat  :  UMA他オカルト
最近「UFO」ネタが熱いの?と疑問に思ってしまうほど、最近「UFO」ネタのテレビ特番が良くある。オレ個人としてはありがたい限り。なんせその手の話大好きだし。

ロズウェル事件の宇宙人解剖フィルムやら、KGBのUFO墜落フィルムなどなど近年になって偽者が続出してるけれども、その中で最近1番個人的に凄かったのはメキシコの宇宙人遭遇映像。何か、チョッと前のテレビで、色んな専門家がCGの可能性はないけれども、全くどういう事なのか分からないと言う結論を出した、あのサッカー少年の映像です。アレは、ホント凄いと思う。YOUTUBEでもどうせ上がってるだろうから、興味あったら探してみてください。

で、今日も2時間もUFO特番やってた。

ドローンズ今日の中でオレがかねてから(ムーの中で異常に興味を持ってた無人UFO「ドローンズ」(→)の特集もあった。

この圧倒的な存在感は何ぞやと言う話だったんだけど、どうも(と言うか案の定)CGだったようで・・・残念。ところが、ネットで調べてみると、写真自体は本物で、その情景のイメージとしてCGで再現したとの事。実際、その画像が上がってるサイトでは、テレビで「CG」と断言されていた映像には(※CGによるイメージ再現)の但し書きがあった。まだまだ、否定は出来ないかも。頑張れ「ドローンズ」。

もう1つ面白かったのは、アメリカUFO史上最大のミステリー「フェニックスの光」事件の真相。オレは知らなかった(言われてみればムーで読んだような気もするけど)この事件だけどもこれもかなり面白かった。何より、実際「フェニックスの光」として有名な午後10時の映像はUFOではなかったと言う話が面白い。実は、その数時間前に本当のUFO(V字型の)が存在していて、それを隠蔽するため10時ごろに偽者の光を打ち上げたと言う真相がまた・・・

考えてみれば、真相を隠すために偽の情報を流すって話、このUFO関連ではよく耳にする。ロズウェル事件の解剖フィルムも本当にある解剖フィルムを隠蔽するために、偽の解剖フィルムを製作して、後年それが偽者だった事を暴露する事で、ロズウェル事件自体を風化させようと言う狙いがあったらしいし。(と言うか、本当の解剖フィルムが存在しているらしい。まだ誰からも公開された事はないけど、その存在自体は昔から言われてた)。でも、この偽の情報で隠蔽していると言う話事態が、本当の事件から目を背けさせるための作戦かもしれない・・・マァ、そうやって考え出したら、永遠のイタチゴッコになってしまうけども。

結局真相は闇の中。アメリカ当局の狙い通りに。

何しか、アメリカ空軍とNASAが関与しているのは間違いないだろうな。

いつの日か、真相が明らかになる日も来るんだろうな。

UMAともども興味深々な話だ。

まだまだ世界は面白い。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

フェニックスの光
Unidentified Flying Objectもう1つ面白かったのは、アメリカUFO史上最大のミステリー「フェニックスの光」事件の真相。オレは知らなかった(言われてみればムーで読んだような気もするけど)この事件だけども以上に面白か
つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム