FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年09月17日01:51

極めし頂点ははるかかなた

「PAPUWA」の新刊をやっと読み終えました。で、ぶっちゃけコレまでのストーリーを忘れかけてたんで、もう一度1巻から読み直した。そのまま、昔に戻って「南国少年パプワくん」まで戻って、再び1巻から読み進めた。ついさっきその全てを読み終えた所。で思った事。柴田亜美は間違いなく「南国少年パプワくん」のラスト付近がピークだ。絵的にも。ストーリー的にも。「南国少年パプワくん」の方が圧倒的に面白い。そして、圧倒的に絵...
この記事を見てみる  ⇒
極めし頂点ははるかかなた
2007年09月17日01:51      cat  :  マンガ
「PAPUWA」の新刊をやっと読み終えました。で、ぶっちゃけコレまでのストーリーを忘れかけてたんで、もう一度1巻から読み直した。そのまま、昔に戻って「南国少年パプワくん」まで戻って、再び1巻から読み進めた。

ついさっきその全てを読み終えた所。

で思った事。柴田亜美は間違いなく「南国少年パプワくん」のラスト付近がピークだ。絵的にも。ストーリー的にも。「南国少年パプワくん」の方が圧倒的に面白い。そして、圧倒的に絵がステキ。

何か「PAPUWA」はもうこなれて来たと言うか、一定に決まった絵柄を並べてるだけだけど、「南国少年パプワくん」は1個1個の絵が凄く生き生きしてる。柴田亜美の中で、生まれたばかりの絵が生き生きと描かれてる。話自体の完成度も、間延びしてないし、それでいて分かりやすいし凄い。凄い面白い。(悔しいけど)

雑誌の都合上、終わらせてくれないとかそういう事情もあるのかもしれないけど、何かチョッと最近の作風は・・・どうなんだろうって思う。

モノを作るって事は全てをぶつける行為なんだから、その時々の自分を物凄いリアルに映し出してしまう。

最近はきっと、こなれてきたんだろうな。

柴田亜美・・・大好きです。メジャー所から「あやかし天馬」とかその辺のマニアックなトコまで持ってます。読んでます。何だかんだ言いながら「PAPUWA」の新刊待ちわびてます。

取り合えず今日からは、天才的な絵を描く「しりあがり寿」の「弥次喜多 in DEEP」を読みます。この人のマンガ読んでたら、絵を描くことを辞めたくなってくる。圧倒的な才能って言うものを、見せ付けられる。

でも面白い。名作だ。チクショー!!
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム