FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年09月13日18:49

夢見る乙女の話ではないんですけれども・・・

久々に夢を見た。と言うか覚えていた。大きな終わりの見えない植物園にいたオレは、何故かそこでうどんを注文してた。2玉食べたかったのに1玉しかなかったので、「メギ」と言う別メニューを食べた。「メギ」は食べた瞬間から、記憶を失ってしまう食べ物だったらしく、オレは次々と記憶を失っていった。気が付けば場所は、小さな体育館。そこでは下手糞な演劇部員が(おそらく高校あたりだろう)演劇をしていた。初めて見る劇なのに、...
この記事を見てみる  ⇒
夢見る乙女の話ではないんですけれども・・・
2007年09月13日18:49      cat  :  世界観
久々に夢を見た。と言うか覚えていた。

大きな終わりの見えない植物園にいたオレは、何故かそこでうどんを注文してた。2玉食べたかったのに1玉しかなかったので、「メギ」と言う別メニューを食べた。

「メギ」は食べた瞬間から、記憶を失ってしまう食べ物だったらしく、オレは次々と記憶を失っていった。

気が付けば場所は、小さな体育館。

そこでは下手糞な演劇部員が(おそらく高校あたりだろう)演劇をしていた。

初めて見る劇なのに、その内容を何故か全て知っていたオレは、その瞬間その演劇が実はオレの人生の演劇だった事に気が付く。

もう記憶にはない(「メギ」のせいで)自分の人生を客観的に見せられたオレは、「この人の人生は別に悪くないじゃないの」って思った。

でも帰り際に、見知らぬおばさん達が「可哀想な人生の話だったわね」といってるのを聞いて何だか悲しい気持ちになった。

「にゃーん」

うにんがベランダから「部屋に入れるにゃ」と言わんばかりにそう言ったので、オレは起きました。



・・・悪くないかどうかは、これから分かるって。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム