FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年09月03日02:40

天賦の与えし才を玩ぶが如く

「天才とは法に入って法を出たものの事」なんだそうです。「法」とは「方法」「技術」のこと。つまりは、全ての技術を極めた上で、それに則らずに新しいものを生み出せる人こそ天才との事。オレはどうも天才と言うものを勘違いしていたみたいだ。最初から出来る人じゃなくて、恐ろしく速いスピードで技術を身に付けた後、そこから先に行ける人の事だった。天才は基本が出来なくちゃあいけない。全てを知りえた上でまったく新しいも...
この記事を見てみる  ⇒
天賦の与えし才を玩ぶが如く
2007年09月03日02:40      cat  :  気分
「天才とは法に入って法を出たものの事」なんだそうです。

「法」とは「方法」「技術」のこと。つまりは、全ての技術を極めた上で、それに則らずに新しいものを生み出せる人こそ天才との事。

オレはどうも天才と言うものを勘違いしていたみたいだ。最初から出来る人じゃなくて、恐ろしく速いスピードで技術を身に付けた後、そこから先に行ける人の事だった。

天才は基本が出来なくちゃあいけない。全てを知りえた上でまったく新しいものを生み出せるから天才なんだ。

「ピカソ」は青年時代恐ろしく正確で写実的な絵を描いた上でのキュビズムだったんだ。

・・・って事です。

マァ・・・ね。何が言いたいかって言うと、基本は大事ですって事です。基礎を学ぶことも練習することも嫌いなオレは、いつまで経ってもちゃんとした「モノ」を作ることは出来ないんだろうな・・・

それに唯一ちゃんと練習した「絵」はもう才能無かった事が分かっちゃったし。

そうやって悟っていく事が「大人になる」って事らしいです。世間では・・・

悟って、仕事して、家族もって、静かな老後過ごして、死んでいく。

それも悪くないかって思い出した最近。それでもやっぱり子どもな部分が沢山あって、あほな事もいっぱいしたい。

何か支離滅裂な文章になっちゃったな・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム