FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年07月29日22:48

倦怠的義務感の話

義務感にさい悩まれる。自分で決めた義務感に縛られる。そんな経験がこれまで幾つかあった。例えば、高校の頃好きだった先輩に電話をする事。うまく話せないオレはその盛り上がらない会話を続ける事に一種の倦怠感を抱いていた。でも、オレはその人の事を好きだから、何か話題を見つけては話をする事を繰り返していた。若気の至りで済まされれるのか?思えば、それは本当に好きだったのだろうか?もちろんあの頃はそれが本当に好き...
この記事を見てみる  ⇒
倦怠的義務感の話
2007年07月29日22:48      cat  :  気分
義務感にさい悩まれる。

自分で決めた義務感に縛られる。

そんな経験がこれまで幾つかあった。

例えば、高校の頃好きだった先輩に電話をする事。うまく話せないオレはその盛り上がらない会話を続ける事に一種の倦怠感を抱いていた。でも、オレはその人の事を好きだから、何か話題を見つけては話をする事を繰り返していた。

若気の至りで済まされれるのか?

思えば、それは本当に好きだったのだろうか?もちろんあの頃はそれが本当に好きだったんだろうけど、今考えれば、義務感に縛られる好きなんて面倒くさい。

義務感でプレゼント。

義務感で電話。

義務感でメール。

義務感でケンカ。

義務感でデート。

義務感でキス。

義務感でセックス。

それが付き合うって事で、相手と一緒にいるためには、色々やらなくちゃいけない事がある。付き合う上での義務があった。

それが当たり前で、その事でさい悩むことも含めて恋愛。

それが今じゃあ、なんと言うかそうでもなくなった。

義務じゃなく、オレはアイツとこれからもズーッといるような気がする。嫌な事はしなくても良い、やりたいからやる。それだけで、十分成立する関係にある。

それがいいのか悪いのか。それは個人の価値観だから置いといて・・・それでもオレはこの関係が心地良い。言いたい事は言うし、ケンカもする。でも、これならいつまでも続きそうな気がする。

これからもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム