FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年07月04日02:22

偶発的導入1

人の死はある一線を越えた瞬間リアルになる。連日テレビで垂れ流しになる人の生死は、実の所オレの人生とは地続きであるはずで、決して違う世界の話じゃない。それでも、ある一線を越えるまではこれでもかと言うほどに冷静に受け止めることが出来てしまう。要はその線引きをどこでするか。全人類規模で線引きをした男は神となった。一人称だけに限定して線引きした男は殺戮者となった。広ければ良いってもんじゃない。狭ければ良い...
この記事を見てみる  ⇒
偶発的導入1
2007年07月04日02:22      cat  :  世界観
人の死はある一線を越えた瞬間リアルになる。

連日テレビで垂れ流しになる人の生死は、実の所オレの人生とは地続きであるはずで、決して違う世界の話じゃない。

それでも、ある一線を越えるまではこれでもかと言うほどに冷静に受け止めることが出来てしまう。

要はその線引きをどこでするか。

全人類規模で線引きをした男は神となった。

一人称だけに限定して線引きした男は殺戮者となった。

広ければ良いってもんじゃない。

狭ければ良いってもんじゃない。

それでもやっぱり悲しいと思う。

だから人間と誰かが言った。

人間のくせにと誰かが言った。

そして物語は始まりを告げた。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム