FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年06月11日18:16

モルグに咲く1輪の花

花屋が苦手です。この前不意に、嫁と2人で花屋さんに行ったとき、いっぱい花が入ってる冷蔵庫みたいなヤツ(名前忘れた)の中を見てしまった。その中には、かなりの量の負の何かが満ち足りていた。当たり前のことだけど、花たちは、望んであの中には入っていないだろうし、望んで切花になったわけじゃない。それを、あんな狭いモルグみたいな所に、生きたまま入れられたら・・・そんな感情を凄く感じてしまうので、何となく花屋は...
この記事を見てみる  ⇒
モルグに咲く1輪の花
2007年06月11日18:16      cat  :  気分
花屋が苦手です。

この前不意に、嫁と2人で花屋さんに行ったとき、いっぱい花が入ってる冷蔵庫みたいなヤツ(名前忘れた)の中を見てしまった。その中には、かなりの量の負の何かが満ち足りていた。当たり前のことだけど、花たちは、望んであの中には入っていないだろうし、望んで切花になったわけじゃない。それを、あんな狭いモルグみたいな所に、生きたまま入れられたら・・・

そんな感情を凄く感じてしまうので、何となく花屋は苦手です。

だからオレは専ら、自然に生えてる花が好き。

不思議なもので、花屋さんだと、色合いとか考えてアレンジしないといけないのが、自然界は、最初から色合いも考えて咲いてる。それもベストな形で。だから、自然に生えてる花たちは、1ミクロンも違和感を感じさせないまま、ぬくぬくと成長していってます。

自然の不思議。

それを壊してまで、もう一度頭をひねって色合いを考えなければいけないことに、なんだか矛盾を感じる。

だって、そんな事しなくても一番きれいな状態は、すぐそこにあるのだから。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム