FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年06月07日16:50

子供の頃に夢見ていた待ちわびた日々は棺の中

去年(2006年)入院した時に全身の検査を受けた。その時は完全に問題の無い健康体だと言う事だったんだけど、どうも、体の細かい部分にはがたが来てるみたい。少し前に触れたO-リングテスト以来、何か色々と体の悪い部分が発見されてるみたい。今日は、手の毛細血管のかなりの部分に異常がある事が分かった。ひとつには、酷いアレルギー(手が荒れてる)が考えられるんだけど、どうもそれだけじゃなくて、純粋に手を酷使しすぎ...
この記事を見てみる  ⇒
子供の頃に夢見ていた待ちわびた日々は棺の中
2007年06月07日16:50      cat  :  気分
去年(2006年)入院した時に全身の検査を受けた。その時は完全に問題の無い健康体だと言う事だったんだけど、どうも、体の細かい部分にはがたが来てるみたい。

少し前に触れたO-リングテスト以来、何か色々と体の悪い部分が発見されてるみたい。今日は、手の毛細血管のかなりの部分に異常がある事が分かった。ひとつには、酷いアレルギー(手が荒れてる)が考えられるんだけど、どうもそれだけじゃなくて、純粋に手を酷使しすぎた事が大きな原因みたい。あと、その割りにマッサージとかその他のケアをしてなかった事もあるかも知れないけど・・・

考えてみれば昔から、マンガ描いて、ギターやらピアノやら弾いてを有り得ない時間にわたってやり続けたもんな・・・お陰で肩も恐ろしく凝ってしまってた。(ありがたい事に肩凝りは嫁のお陰で、かなり回復したけど)。

ただマァ、毛細血管とかもこれから次第で回復していくらしい。異常がある事が分かった事は第一歩で、それをどうして行くかがこれからは重要になる・・・との事なので。

昔にちょっと無茶をしてしまった代償が今になってきてるのなら、どれだけ苦労しようとも、それを受け入れて、元気な体を保って生きたいもんだ。

もしかしたら、他にも死に掛けてる器官とかあるかも知れない。健康でいるって言うのは、難しい。んで、改めて健康のありがたさを認識します。

だってオレはまだまだ死ぬわけにゃあいかんのでね。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム