FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年03月06日19:13

禁止事項へのアプローチ

堕胎って凄い言葉だ。タブーな言葉だ。昔テレビで、堕胎されている様子をX線で撮ったとか言う映像を見た事がある。あの時は涙が止まらなかった。変な金具で、子宮の中に居る赤ちゃんを切り刻んでいく。赤ちゃんはその運命に抗うかのように、必死でその金具から逃げようとする。それでも、狭い子宮内で逃げ切れるわけも無く、体をよじりながら少しずつ粉々にされていった。あの映像は今もオレの頭から離れない。無声映像だったけど...
この記事を見てみる  ⇒
禁止事項へのアプローチ
2007年03月06日19:13      cat  :  分ける気なし
堕胎って凄い言葉だ。タブーな言葉だ。

昔テレビで、堕胎されている様子をX線で撮ったとか言う映像を見た事がある。あの時は涙が止まらなかった。変な金具で、子宮の中に居る赤ちゃんを切り刻んでいく。赤ちゃんはその運命に抗うかのように、必死でその金具から逃げようとする。それでも、狭い子宮内で逃げ切れるわけも無く、体をよじりながら少しずつ粉々にされていった。

あの映像は今もオレの頭から離れない。無声映像だったけど、泣き声が耳をつんざくような気がした。

降ろすだの降ろさないだのとか言う議論には、どうしたって、実際にお腹の中に居る子どもは参加できない。ただ、怯えて生き延びれる事を願うだけ。

祝福されて生まれてくるはずの子どもが、生まれる前から怯えてるなんて悲しすぎる。どんなに小さくとも、甲殻類じゃないんだ。痛覚はあるんだ。

そんな思いをさせてまでの堕胎。

・・・凄い言葉だ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム