FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2005年11月02日16:15

リンダリンダラバーソール

 学校が入試の関係で休みって事で一日中休み。今日は彼女が学校なんで、久しぶりに家で一人だ。「ブーブー」とマンガでも描こうかと思っていたんだけど、連絡が取れないから保留にして、一冊の本を手にした。「リンダリンダラバーソール」。オーケンの本の中でもオレが「グミチョコ」以上に溺愛している作品。ふと読みたくなった。あのラストを読みたくなった。BGMには何となく「Θ」の「朝日が目に染みた白フン達」。特に意味...
この記事を見てみる  ⇒
リンダリンダラバーソール
2005年11月02日16:15      cat  :  気分
 学校が入試の関係で休みって事で一日中休み。今日は彼女が学校なんで、久しぶりに家で一人だ。「ブーブー」とマンガでも描こうかと思っていたんだけど、連絡が取れないから保留にして、一冊の本を手にした。「リンダリンダラバーソール」。オーケンの本の中でもオレが「グミチョコ」以上に溺愛している作品。ふと読みたくなった。あのラストを読みたくなった。BGMには何となく「Θ」の「朝日が目に染みた白フン達」。特に意味は無いけど、オレの声が入ってない分「仁美・mine」より聞きやすかったりするし、何よりあの頃の事を思い出すのが凄く好きだから。まだ、オレが「オレってスゲ~」って思ってて、周りが「お前ってスゲ~」って言ってくれてた頃。世界なんか微塵も見えなくて、それぞれに自分の中だけが全部だった頃。お互いのパートを聞いてバランスを取るより、自分自分ってなってるこの音源がオレはひどく好きなんです。多分これから、どんなに技術が上がろうとも、いいメンバーに巡り会おうともこれを超える事は出来ないんだろうなぁ~って思います。

 読み終わるまで時間が止まってる感覚だった。ちょうど読み終わったときにCDは2周目。4曲目の「あすなろ」でした。何となく、小説の中と自分のことがオーバーラップして涙が止まらない。もう終わってしまったあの頃はもう戻ってこない。オレは、もう少ししたらあの頃のように、んで今のように自由に何でも出来なくなるかもしれない。酷く「あすなろ」の歌詞が心に響きました。(自分で書いといてなんだけど・・・)

 「振返れない道に投げ込まれ
  頼り合えると長い距離に手をのばした
  幻想でも悲観でもいい
  それでも今は生かされてる
  あすなろは今日も一人空へと向かう
  届かない青い空をいつも夢見て」

 ・・・あの頃オレはどんな気持ちでこの歌詞を書いたんだろう?Fooはどんな気持ちで歌ってたんだろ?ナオキはどんな気持ちで弾いていたんだろう?ジュンはどんな気持ちで叩いていたんだろう?ケイゴはなんでこの時レコーディングに参加してないんだろう?

 きっかけは「リンダリンダラバーソール」。お陰でオレは、昔々の思い出に浸っちゃう事になってしまった。このCDに入っている曲はどれも思い出が一杯だ。一曲一曲聞くたびにその時の思い出が沢山出て来る。

 音撮りの時にナオキがきれた「あすなろ」。まだチューニングも出来ないギター初心者のオレが、音の出ない「F」を弾いてる「Km」。「曲が長すぎる」って言われて削りまくった「悲色」。ナオキが当時の彼女と2人で作って持ってきた「ピュアソング」。皆で恐る恐る手探りで作っていった「昇華」。妹がオレよりうまくピアノで弾きおった「悲歴」。んで、あの告白ライブで発表した「アイ」。

 どれもこれも甘酸っぱい感じがしてどうしようもない。きっとこのCDは生涯の宝物になるんだろうなぁ~

 って事で、並べてみました。右から「リンダリンダラバーソール」「朝日が目に染みた赤フン達」「朝日が目に染みた白フン達」です。
20051102161845.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム