FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2007年01月26日01:24

どうしようもなく戦慄く風穴

凄く良い話を夢に見た。いつもならメモに残したりするんだけど、今日は横にいた嫁にその事を気が狂ったように話した後、再び眠りについてしまった。後になってどんな話を語ったのか嫁に聞いてみた所、一瞬の事だったから、もう覚えてないとの事。もちろん何を話したのかオレはもう覚えていない。嫁も覚えていない。もう誰もこの世に生きる誰もその話を知る事はない。ただあの瞬間確実に2人で共有したその良い話は、永遠の中で生き...
この記事を見てみる  ⇒
どうしようもなく戦慄く風穴
2007年01月26日01:24      cat  :  気分
凄く良い話を夢に見た。いつもならメモに残したりするんだけど、今日は横にいた嫁にその事を気が狂ったように話した後、再び眠りについてしまった。

後になってどんな話を語ったのか嫁に聞いてみた所、一瞬の事だったから、もう覚えてないとの事。

もちろん何を話したのかオレはもう覚えていない。

嫁も覚えていない。

もう誰もこの世に生きる誰もその話を知る事はない。

ただあの瞬間確実に2人で共有したその良い話は、永遠の中で生き続けるんだろう。

そうやって紡ぎ出されていく2人だけの永遠が何物にも変えがたく思ってしまう。

笑いあったり、抱き合ったり、そりゃあケンカだってする。でも宝物だ。オレは、もうそんな当たり前の生活を選んでしまった。

だから明日からもまたいつもと同じように頑張っていくんだと思う。

色々言われるかもしれないけど、そんな事知らん知らん。

オレがそう決めたから。



うにんにゃん


そんな記事を書いてると、足の間に入って来てオレの脚を枕にして寝だした「うにん」。

何か最近オレは馬鹿みたいに幸せだ。別に「うにん」が懐いたからとかじゃなくて・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム