FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2006年12月21日23:52

亀田興毅何ぞには目もくれずに語ろうの会

亀田興毅の試合。それはそれは面白くなかった。と言うか、ランダエタにクソボコにされて死んでしまえば良かったのに・・・プロレス専門でボクシングなんか見た事もなかったオレは、「ガチンコファイトクラブ」以来実に3年ぶりくらいにボクシングを見た。ボクシングってあんなに詰まらないものなんですか?ビックリした。何のドキドキもワクワクも感動も無いまま、ただ眠くなって途中で見るのをやめてしまった。亀田興毅も、あんな...
この記事を見てみる  ⇒
亀田興毅何ぞには目もくれずに語ろうの会
2006年12月21日23:52      cat  :  TV
亀田興毅の試合。それはそれは面白くなかった。と言うか、ランダエタにクソボコにされて死んでしまえば良かったのに・・・

プロレス専門でボクシングなんか見た事もなかったオレは、「ガチンコファイトクラブ」以来実に3年ぶりくらいにボクシングを見た。ボクシングってあんなに詰まらないものなんですか?ビックリした。何のドキドキもワクワクも感動も無いまま、ただ眠くなって途中で見るのをやめてしまった。亀田興毅も、あんな偉そうにのたまいながら、あんなショボクレタ試合しか出来ないとは・・・しかも評価が「圧勝」。あの程度で圧勝か・・・アレなら、プロレスの前座試合の方が圧倒的に感動的で面白いわ。「がんばれ元気」や「明日のジョー」を読んで馳せてたオレのボクシングへの思いを返してくれ。

さて、そんなクソ亀田はほっといて、アイツのせいでほとんど語られないと思う今日のお話を・・・前置きが長くなったけど・・・

中島忠幸が今日帰らぬ人になってしまいました。

中島忠幸と言えば、ほとんどの人が誰か分からないかも知れないけど、要するに「カンニングの中島」です。

カンニングの竹山ばっかりが売れてしまったけど、実はこの中島。オレは物凄く好き。初めてカンニングを見た時は何かの深夜番組だった。それはそれは衝撃を受けましたよ。こんな漫才見た事ない。面白かったなぁ~。んで、それからしてポツポツとゴールデンタイムにも出るようになってきても、そのスタイルは変わらなかった。竹山が理不尽にキレテ、中島が嗜める。何か知らんけど、大好きだったわ。オレは。

そんなある日のネタ。何かあんまり良く覚えてないんだけど、確か「笑いの金メダル」だったと思う。いつもどおり理不尽にキレル竹山に対して、その日は新しい事をしようとしたのか中島がキレタ。竹山をシバキ回してメガネをふき飛ばして、視聴者に謝らせた。その時は、確かブーと2人で見てたんだけど、それは面白かったって。普段目立たない中島が物凄く怖いし面白いし。コイツはエエなぁ~ってなったもんさ。

暫くして、中島が白血病で倒れた。竹山の方は、「中島が帰ってきた時に、2人でまた漫才をやれる場所を守るためにピンで頑張っていく。」事を決意したらしい。それからは、どんな汚れな仕事でも引き受けて、今のポジションにまで上り詰めた。約束どおりに1人で中島の分も頑張って来てた。その裏で、中島へのケアも色々しつつ。何だかんだ言いながら、この竹山って人もかっこいい男だと思う。

今年(2006年)の10月頃に、中島がついに復帰とか一部で言われ始めた。んなもんでオレは、またあの訳の分からん漫才が見れるのかとホクホクしてた。

・・・なのに突然の訃報。

本当に残念。もうアレが見れないのかと思うと。ビデオでも撮って置けば良かった。まあ、誰よりも本人さん方が無念だとは思うけども・・・

ご冥福をお祈りします。
関連記事
スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/12/21 22:52 ] [ 編集 ]
え~と・・・
何かよく分からんけど・・・

白血病の基礎知識?ありがとうがざいます。

ってオレにどうして欲しいんだ!!
[ 2006/12/22 08:02 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/12/22 22:49 ] [ 編集 ]
・・・?
え~と、やっぱりどうして欲しいか良く分からん。

取り合えず・・・

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/cunning_comedy/story/21nikkanspettp00612210004/

(↑)記事を元ネタにブログ書いたんで、そっちの方でも見てみて下さい。
[ 2006/12/23 01:10 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/12/23 03:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム