FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2005年10月27日02:27

こんなの描けました

 実はチョッと前から漫画とは別に絵を描いてたりします。・・・パソコンで。何でパソコンかというと、マウスを使って描く事でなんか味のある線がひけるからなんですよ。まぁ、着色って言う意味では凄く不満なんだけど・・・ 最近、オレは自分の作ったものを皆に見てもらおう!!とか勝手に意気込んでたりするので、今度からたまにいいのが描けたら、ここで公表してみます。どんなもんかは知らないけど、一応オレなりのテーマを持っ...
この記事を見てみる  ⇒
こんなの描けました
2005年10月27日02:27      cat  :  絵!!
 実はチョッと前から漫画とは別に絵を描いてたりします。・・・パソコンで。何でパソコンかというと、マウスを使って描く事でなんか味のある線がひけるからなんですよ。まぁ、着色って言う意味では凄く不満なんだけど・・・

 最近、オレは自分の作ったものを皆に見てもらおう!!とか勝手に意気込んでたりするので、今度からたまにいいのが描けたら、ここで公表してみます。どんなもんかは知らないけど、一応オレなりのテーマを持って描いてますんで、マァ、適度に流しながら見てやってくれたら幸いです。

ボクロ・ピカソ
って事で、今日の絵のタイトルは「ボクロ・ピカソ」。オレが物凄く影響を受けた絵に、ピカソの最後の自画像がありまして・・・んでオレもひとつ自画像を書いてみようって事で今回、自分を描いてみました。どうっすかね~
関連記事
スポンサーサイト



んー…
どうっすかと言われたので、分析します。

まず、赤は血をイメージします。人の体から流れているようにも表面に付着しているようにも見え、本人が傷ついたり苦悩したり(特に頭の部分)を表現しています。しかし同時に、頭と胸の部分ということで、燃えるような強い情熱ととらえることもできます。

人の周りには、強いタッチの黒い闇が広がり、本人が世間に対して、恐怖や憤り、不安などを感じているように見えます。

しかし人の周りには、白い部分があり、これは本人の社会的なテリトリーを表しているのでは??本人の周りには心を許せるスペースがあるということです。また、自らから発する光が闇を照らしているようにも見え、つまり周りに対して、自分をアピールしているとも言えます。

人の足の部分には闇の部分が侵食しています。また、その上には赤い真っ直ぐなラインが描かれていて、これは不安と戦いつつも理想や進むべき方向が見えている、ととらえられると思います。

構図的には、赤のラインが手前から、見る人の視線を効果的に奥に描かれた人体に運びます。自分の存在を見つけて欲しい、自分の才能を認めて欲しいという作者の気持ちが現れているのではないでしょうか??

自画像ということで、志茂田さんのことをふまえつつ、分析してみたで。美術専攻しとったカナダ時代を思い出して、何か楽しくなった。

…全然違うわボケェ!!って言われるかもしれんけど。
私なりの分析、いかがですか??
[ 2005/10/29 01:29 ] [ 編集 ]
スゲー!!
そうなんや~とか素直に思ってしまう。凄いなぁ~。あんな絵一枚からでも、色んな事が分かるもんなんやなぁ。
・・・え~と、病んでるとかそんな感じっすかね~?何か、客観的に見たらイタイ絵のような気がしないでもないんやけど・・
んでも、面白い分析ありがとございます。
また、出来たら載せたりしますんで、暇やったら見てくれたら嬉しいッス。ヘイ。
[ 2005/10/29 19:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム