FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2006年11月23日00:14

生き過ぎた化石たち

知らなかったけど、イチョウの木って「シーラカンス」レベルの生きた化石なんだって。ジュラ紀に生えてたとか・・・って事は、もう地球の歴史を数億年見てきたって事になる。う~ん・・・凄い。シーラカンスやカブトガニ、オウムガイにムカシトカゲ。それに植物ならメタセコイヤや前述のイチョウなど等、何気に生きた化石って多い。今、UMAって言われてる生き物ってのはその多くが過去に絶滅した動物だと言われてる。生きた化石...
この記事を見てみる  ⇒
生き過ぎた化石たち
2006年11月23日00:14      cat  :  UMA他オカルト
知らなかったけど、イチョウの木って「シーラカンス」レベルの生きた化石なんだって。ジュラ紀に生えてたとか・・・って事は、もう地球の歴史を数億年見てきたって事になる。う~ん・・・凄い。

シーラカンスやカブトガニ、オウムガイにムカシトカゲ。それに植物ならメタセコイヤや前述のイチョウなど等、何気に生きた化石って多い。

今、UMAって言われてる生き物ってのはその多くが過去に絶滅した動物だと言われてる。生きた化石がドンドコ新発見されてる現在において、その説が否定されてるのって何か不満。

どうしようもない位確実に生きてたのがばれちゃったら「生きた化石」として発表する。でも、誤魔化せるのならUMAとか言ってオカルトめかしている。そうやって隠してるけど、実はもっとたくさんの絶滅動物が実は生きてるんじゃないのかなぁ?ムー的に言えば「アメリカ海軍の陰謀」とかで・・・

取り合えず「タリモンストラム・グレガリウム」は絶対にネス湖にいると思う。

ちなみにコイツ(↓)は・・・

ssi0.jpg


そう。生きた化石の代表格。「シーラカンス」。でっかくして見ておくれ~。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム