FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2006年11月14日09:41

いじめ続報ってほどの大したものではないけど・・・

最近まぢで、いじめネタが物凄い増えてる。ワイドショーやら、バラエティーやら、果ては、いじめ特番までやる始末。でも、その中で一つどうしても腑に落ちない事がある。教師側がマスコミにいじめられすぎて無いか?何の番組だったか知らんけど、いじめ問題で思い悩んで自殺した校長に対して「命の大切さを教える側の教師が自殺なんて、何を考えてるのか・・・」とかって批判までしてた。隠ぺい工作をしたのか、黙認したのか、謝罪...
この記事を見てみる  ⇒
いじめ続報ってほどの大したものではないけど・・・
2006年11月14日09:41      cat  :  分ける気なし
最近まぢで、いじめネタが物凄い増えてる。ワイドショーやら、バラエティーやら、果ては、いじめ特番までやる始末。

でも、その中で一つどうしても腑に落ちない事がある。

教師側がマスコミにいじめられすぎて無いか?

何の番組だったか知らんけど、いじめ問題で思い悩んで自殺した校長に対して「命の大切さを教える側の教師が自殺なんて、何を考えてるのか・・・」とかって批判までしてた。

隠ぺい工作をしたのか、黙認したのか、謝罪しなかったのかしなかったのかは知らないけど、自殺するほどまでに思い悩んでたのは間違いないんでしょ?圧力かけられて、精神を磨耗させていって、自殺にまで追い込まれて、その上自殺した事まで責められるのはむごすぎるって。

もともといじめをしたのはその学校の先生じゃなくて、アホみたいな生徒でしょ。もっとせめるトコがあるんじゃないんだろうか?

大体、自殺まで追い込まれたのは、本人の行動に問題があるったとか言うのなら、いじめられていた生徒側にだって何か問題はあったはずだって言えよ。狙われてやられたのなら、その本人になんか問題があったからかもしれないでしょ。

とにかく視聴者受けを狙った一方的なマスコミ報道は、何かいちいちイラッとするなぁ~
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム