超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2015年06月22日15:41

飽き足りないんだな 次は何が欲しい

自分で言うのもなんだけど、どちらかと言えば「坊ちゃん育ち」だったと思う。それが関係あるのかどうかは知らないけれども、小学生のころ、第一人称は「ぼく」だった。別にそれは良いんだよ。今では、「オレ」になってるんだけど、この「オレ」になるまでには、実に紆余曲折があった。・・・と言うお話。小学生も中学年になってくると、そろそろ「ぼく」と言うのも少々恥ずかしくなってくる。嫌な級友たちは、自分の事を「ぼく」と...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飽き足りないんだな 次は何が欲しい
2015年06月22日15:41      cat  :  気分
自分で言うのもなんだけど、どちらかと言えば「坊ちゃん育ち」だったと思う。

それが関係あるのかどうかは知らないけれども、小学生のころ、第一人称は「ぼく」だった。

別にそれは良いんだよ。

今では、「オレ」になってるんだけど、この「オレ」になるまでには、実に紆余曲折があった。

・・・と言うお話。

小学生も中学年になってくると、そろそろ「ぼく」と言うのも少々恥ずかしくなってくる。嫌な級友たちは、自分の事を「ぼく」と言うオレに対して「おぼっちゃん」とか言いながら、遠巻きにニヤニヤしてた。

なんとかしなければ・・・

でも、オレには、小さい頃、すでに「オレ」と言ってた従兄弟のマネをして「オレ」と言う言葉を使い、親に「オレなんて言わないで、ぼくって言いなさい」と言われてきた記憶がある。

そう簡単に「オレ」に変えるのは難しかった。

きっと、また親に「オレなんて言わないで、ぼくって言いなさい」って言われるに決まってるからな。

でも、もう「ぼく」と言う事で、学校で馬鹿にさせるのは嫌だった。

悶々と考えた。

何とかしなければ・・・

何とかしなければ・・・

何とかしなければ・・・

何とかしなければ・・・

何とかしなければ・・・

何とかしなければ・・・

そして、ふと気がつく。

親の言ってた「オレなんて言わないで、ぼくって言いなさい」と言うのは、「オレ」と言う言葉が、悪そうでいけないだけであって、「ぼく」と言う言葉を使わなければいけないと言う意味ではないはずだ。

そうに違いない。

とね。

つまり、「オレ」のように悪そうではなく、「ぼく」みたいに馬鹿にされない自分の呼び方を探して、それを使えば、問題ないじゃあないか。「オレ」と言う言葉を使いたい訳じゃあない。

そう決意したオレは、新しい第一人称を選定した。

「オレ」は悪そうでダメ、「私」は女が使うもんだから、きっとより馬鹿にされる、「ワシ」はなんか偉そうな気がする・・・

などなど・・・

1週間近く悩み倒して、決めた新しい第一人称は・・・

「わて」

だった。

翌日、何だったか忘れてしまったが、朝の会で、「志茂田くんはどうするの?」と先生に聞かれた。オレは今しかない!!と決意し、「ぼくは」と言う所を「わては」と言った。

あの時のクラスの空気は今でも忘れる事は出来ない。

特に、横にいた女子の「まぢかよ・・・」的な視線。そして、話し終わって座った時、オレに聞こえるか聞こえないかの小声でつぶやいた「わてって・・・・」の言葉。

それでもオレはへこたれなかった。

確かにチョッと珍しいけど、きっとなれれば自然になるはずだ。と。

それからも「わて」を使い続けた。

不思議なもので、そうなると、それはそれで有りのような変な感じになってきた。

その年の終わり、2学期の終業式の日に、「わてって・・・」とつぶやいた隣の女子から「【わて】の住所教えてよ。」(この頃には、さげすみの意味も含めてオレは【わて】と呼ばれるようになっていた。)と言われた。

良く分からないけど、有頂天になって(女子に話しかけられることなんて、皆無に近い日々だったので)嬉々として住所を教えた。

年明けて正月。

その女子から、年賀状が届いた。

オレが小学生の間で、唯一1枚だけ女子から貰った年賀状。

その後、調子に乗ったオレは、1年以上もの間「わて」と言う言葉を使い続けた。

けれども、学年が変わり、クラスが変わると、ただの変人以下の扱いを受けるようになり、そして、オレは紆余曲折があり、遂に「オレ」と言う言葉を使うようになるんだけどね。(その話は、またいつかどこかで・・・)

先日、実家のオレが使ってたベッドを片づけしてたら、ベッドの下の引き出しの中から、その年賀状が出てきた。

大切にとってたみたいだ。

それを見て、この「わて」の話を思い出し、非常に恥ずかしくなったので、その年賀状はその他大勢のいらないものと一緒に処分した。

まぁ、そんな話をふとね。思い出しただけなんだよ。

でも、これ、黒歴史かと言われてば・・・意外とオレの中ではそうでも無かったりするんだよね。

色々あったんだよ。

小学生の6年間って。

結婚して、6年が経ちました。

同じ期間を過ごした・・・だよ・・・


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。