超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2015年06月17日20:02

good-morning Mr.Fear

「xBox one」に下位互換が搭載されるとか何とか・・・それが本当なら、もう出来なくなっちゃった「helo3」とか「スト4」とかできるようになるのかな~と言うか、どうして最近のゲーム機は下位互換がないんだよ。PS2は、PSのソフトも遊べるから、あんなに大ヒットしたと言う事がなぜ分からないんだ・・・オレは、PS3に下位互換がないと分かった瞬間に、PS3の購入をやめて、それ以降ゲーム自体からおさらばした人間でございますれ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
good-morning Mr.Fear
2015年06月17日20:02      cat  :  気分
「xBox one」に下位互換が搭載されるとか何とか・・・

それが本当なら、もう出来なくなっちゃった「helo3」とか「スト4」とかできるようになるのかな~

と言うか、どうして最近のゲーム機は下位互換がないんだよ。

PS2は、PSのソフトも遊べるから、あんなに大ヒットしたと言う事がなぜ分からないんだ・・・

オレは、PS3に下位互換がないと分かった瞬間に、PS3の購入をやめて、それ以降ゲーム自体からおさらばした人間でございますれば。

そんなヤツ。たぶん、いっぱいいると思うんだけどな~

さてさて。

最近、ラルクアンシアエルさんを聴いてます。

オレが初めて買ったマキシシングルは「侵食」。

あの頃、マキシシングルと言う存在があまり一般的じゃあなく、しかも、中学生のオレは、シングルCDが1枚買えるだけのお金を握りしめて近くのCDショップへ行ったんだよ。

そして、CDを見つけた・・・

「え・・・?アルバム?」

他の2枚(HONEYと「花葬」)は普通のシングルなのに、お目当ての「侵食」だけなぜ・・・これ欲しいけど・・・レジに持って行って「はい3、000円です」って言われたら、「すみません。足りないので買えません。」と言うことになってしまう。

多分1時間以上悩んでたと思う。

そして、ついに決意し、ドキドキしながら、CDをレジに持っていった。

もちろん、シングルCDだったので1,000円で無事買えたと言うね。

そんな事を思い出して、メッチャ聴きたくなったんだよ。「侵食」が。

で、近所のレンタルCD屋さんいったら、もうここ最近のアルバムと、ベスト盤しか置いてないの。しかも、ベスト盤には「HONEY」と「花葬」は入ってるのに、「侵食」入ってないんだよ。

・・・何で?あれ、何か問題でもあったの?それとも、あまり人気ない曲なの?

オレは、ラルクで一番好きな曲なのに・・・

と言うことで、急きょ弟に実家にあった「ark」と「ray」を持ってきてもらった次第でございます。

思えば、あの時代・・・

GLAYが「SOUL LOVE」と「誘惑」の2枚のシングルを同時発売したかと思えば、ラルクが「侵食」「花葬」「HONEY」の3枚のシングルを同時発売し、その上「forbidden lover」と「snow drop」の2枚シングルを発売。GLAYが反撃のアルバム「PURE SOUL」を販売したかと思えば、ラルクは「ark」と「ray」のアルバム2枚同時発売したと言う・・・

凄い時代だった・・・

その間に、B'zが伝説の2枚のベストアルバムを出してたり、宇多田ヒカルが「first love」前人未到の売上を記録したりね・・・

回顧ばかりしてるおっさんと言われるかも知れないけれども、ホント、あの時代は良かったと思うよ。

だって、握手券つけなくても、パッケージ何種類も出さなくても、同時発売したシングルがどっちもミリオンとか言ってたんだ。

で、単純に思い出補正かと思ってたんだけど・・・今回改めて「ark」と「ray」を聴きながら思った。

やっぱり、良い曲だなぁ~と。

今の時代、この2枚のアルバムに対抗できるのは、きっと「show must go on」くらいだ。

良く分からないな。

それで良いのだ。

それで良いのか。

それで良いのだ。

150618aaaaaaaaaa.jpg




関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。