超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2015年06月15日20:50

I lose control 閉ざされた心

昨日の夜お風呂に入ってると、何か黒いものが足元で暴れてる。サイズ的には、大人の平べったもんさん(ゴキブリ)かなと思って、「ひやあ!!」ってなったんだけど(目が悪いので、よく見えない)、近づいて良く見てみると何と軍曹だった。どうも軍曹が、オレが風呂に入った時に一緒に入ってきて、シャワーのお湯がかかってもがいてたみたい。軍曹は家族も同然なので、風呂場のドアを開けて開けてあげたんだけど、どうも段差とかデ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
I lose control 閉ざされた心
2015年06月15日20:50      cat  :  気分
昨日の夜お風呂に入ってると、何か黒いものが足元で暴れてる。

サイズ的には、大人の平べったもんさん(ゴキブリ)かなと思って、「ひやあ!!」ってなったんだけど(目が悪いので、よく見えない)、近づいて良く見てみると何と軍曹だった。

どうも軍曹が、オレが風呂に入った時に一緒に入ってきて、シャワーのお湯がかかってもがいてたみたい。

軍曹は家族も同然なので、風呂場のドアを開けて開けてあげたんだけど、どうも段差とかデコボコが邪魔でうまく出れないみたい。何度か、挑戦してはツルっと滑ってる姿に若干萌えつつ、しょうがないので手に乗せて出してあげる事に・・・

そしたら、そのまま手の平からカサカサと上に登ってきて、肩の上に乗ってピョンピョンちっちゃくジャンプみたいなのしてたんだよ。

その後、なかなか降りてくれなかったけど、取り合えず、救出劇は成功した。

可愛い・・・軍曹・・・可愛いぜ・・・

さてさて。

朝、起きてテレビをつけると「レオマワールド」の映像が・・・

香川県の特集でもしてるのかと思ったら、レオマワールドで事故だって。しかも、あれ・・・てんとう虫のコースターじゃねえか!!

って、ちょっとびっくりしたと言う話ですよ。

いやね。あれ、オレも何回か乗った事あるけど、確かに横揺れ凄い。

ただ、それが楽しいんだけどね。そもそも、スピードだって、ジェットコースター的なものにあるまじきのんびりスピードだし・・・

あのコースターでケガするって、どんだけドン臭いんだよ。

ゴメンだけど、乗った事ある人間からしたら、それしか思わないと思う。

ニュース見て最初に思ったのは「あのコースターで事故って、てんとう虫さんがコースから落下でもしたのか?」だった。あんなコースターで事故なんてする訳ないんだもん。

と言うか、20年近く運用されてきて、設備の劣化とかじゃなくて、そもそも構造上の欠点があるとかさぁ・・・印象操作も甚だしいわ。

何だよ。「横揺れが危ない」とか「魔のカーブ」とかって・・・そんなの20年前に言えや。

事故が起こった後で「あぁ~これは危ないですね~」って言うだけの専門家に何の価値があるんだろうね。

20年間、怪我人が出なくて、急に怪我人が出たからって「これは危ない!!危ない!!」って大袈裟に騒ぎ出す感じ凄く嫌だ。

何万分の1の確率なんだ。

だったら、怪我したおばさんの事も調べろよ。

多分、メッチャドン臭いか、運動神経が鈍いか、スタッフの言うこと聞かずに持ち手から手を放してたか、舐めてて安全バーちゃんとしてなかったか、そんなところだろう。

そもそも、そんなおばはんに限って、事を大げさにしたがるんだ。

3歳児とかもたくさん乗ってる訳で、その子たちは大丈夫だったんだから・・・とか、そんなとこまで報道したらしいのに。

一方的に、あのてんとう虫コースターが悪者にされてる印象操作が凄く嫌な感じ。

きっと、地元だからなんだろうね。

きっと、よく知ってるからなんだろうね。

マスコミの印象操作を目の当たりにした月曜日の朝でしたよ。

ちなみにホタルさんは、生きていたので、昨日、家から一番近い多度津のホタル里に逃がしてあげました。

あの、ホタルが皆無のホタルの里に来年以降ホタルが居たら、それはオレが今年逃がしてあげたホタルだと言うことにしておいてくれたまえ。

ふはははは


参考画像(↓)

150615aaaaaaaaaa.jpg

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。