超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2015年06月13日14:10

どこまでも果てなく夜空をまとい新しい世界を探そう

ホタルを見に行きましてん。親戚の家が比較的(と言うか、結構な)山奥で、毎年この時期にはそれはそれはすごい量のホタルさんが飛んでる。で、オレは、娘が生まれてからなかなか行けなかったんだけど(この時期だから、夜8時くらいにならないと真っ暗にならない)、今年は、そろそろ行けるんじゃね?って事で、ばあちゃん(オレのおかん)からお誘いをもらった。まぁ、そんな感じよ。家から、1時間ほどかかる場所。時間も遅くなる...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どこまでも果てなく夜空をまとい新しい世界を探そう
2015年06月13日14:10      cat  :  気分
ホタルを見に行きましてん。

親戚の家が比較的(と言うか、結構な)山奥で、毎年この時期にはそれはそれはすごい量のホタルさんが飛んでる。

で、オレは、娘が生まれてからなかなか行けなかったんだけど(この時期だから、夜8時くらいにならないと真っ暗にならない)、今年は、そろそろ行けるんじゃね?って事で、ばあちゃん(オレのおかん)からお誘いをもらった。まぁ、そんな感じよ。

家から、1時間ほどかかる場所。

時間も遅くなるので夕方4時くらいから晩ご飯を食べて、お風呂に入る。

これで、帰りの車で娘が寝てしまっても大丈夫と言う状態にしておいて、さっそく出発。

・・・

・・・・・・・

つきました。

もう、皆到着してた。で、「ホタルホタル」と心トキめかしてる娘のために、さっそくホタルのいる河原へ。

この時期とはいえ、マムシさんとかも居るかも知れない。途中から、娘はオレがパッパ(香川県の方言でオンブの事)して・・・

まさに桃源郷かと思う綺麗さだった。

ホタルはオレも見た事あるけど、こんなたくさんのホタルはなかなか見れないって・・・

光のトンネルが出来たり、光の絨毯が出来たり・・・

オレの服にも止まるし、何よりチョッと手を伸ばせばホタルさんを捕まえ放題と言う感じ。

そんな話を聞いてたので、予め虫カゴ持っていってたんだけど、その中にじいちゃん(オレの親父)とおっちゃん(オレの弟)がホイホイ入れてくれるんだよ。ホタルを。

そんな長い時間いた訳じゃあないけど、娘もオレの背中で「ふわ~」とか「きれい~」とか、言葉少なく感動してる様子だった。

娘が眠たくなってきたので、そのまま先に帰ってきちゃったんだけど、帰りの車中でもホタルの入った虫カゴを抱きかかえて「ホタルさんいっぱいいたよ」と興奮気味だった。

結局、帰りの車の中では寝なかった程に・・・

家に帰ってからもベッドの上で虫カゴを抱いて、電気を消した部屋の中で「ほら。奇麗だよ~」って喜んでた。

お陰で、なかなか寝なかったけど・・・

そして、今朝も5時半くらいに「ホタルさんいっぱいいて、きれいだったよ」とか言いながら起きだしてきたけど・・・

物凄く喜んでるみたいでよかった。

問題は・・・「疲れたから寝てるだけなんだ」と思ってる、虫カゴの中の死んでしまったホタルを今晩どう説明するか・・・

何でホタルすぐに死んでしまうん・・・

150613aaaaaaaaaaaaaa.jpg





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。